自宅通信網の運用日誌2010年12月


お知らせ

 リンク切れが発生しにくくするためと、多くの項目が一つのページに集中することにより検索サイトを使った検索結果が適切で無くなることを防止するために、「自宅通信網の運用日誌」の構造を月ごとに分離した形にしています。

 お手数ですが最新月以外は当該年月のリンクを使って閲覧してください。


目次


12月

トップページへ戻る 目次へ戻る

2010/12/01 Wed

日誌の切り替え

 先月は、Amazonの広告をつけ始めたり、記事の測定値を更新したりして、久しぶりに更新した。

 先月は、先々月10,074ページリクエストを超え、10,769ページリクエストであった。ほとんども更新がない中、先月もよく見ていただいていると思う。

 相も変わらず、海外からのリクエストが多い。中国、ロシア、ウクライナ、台湾、ベルギー、ポーランド、ドイツ、リトアニア、ラトビア等多彩な国からリクエストがあった。欧州圏からのリクエスト比率が少し増えているように思う。アクセス数の特に多い国は和訳サイト経由のアクセス、さほど無い国は画像の利用だった。

IPv4アドレスが来年早々に枯渇か?

 当サイトのトップページには、下の方に「IPv4枯渇時計」を設置している。

 説明は、時計をクリックすると開くページに記載されている。短く言うと、IPv4アドレスの割り当てを行っている国際機関のIANAが割り当てることの出来る残りアドレうブロック数と、無くなる日を予測している。

 少し前に、残り一年を割り込んだなと思っていたら、急に割り当てペースが速まって、本日4ブロック払い出されて残り2%(7ブロック)になってしまった。

 最後の5ブロックになった時点で、これを自動割り当てすることに決まっているので、実質残りは2ブロックで0.8%しかないことになる。枯渇は来年の半ばかと思っていたが、年明け早々にも枯渇するかも知れない。

 なお、日本が参加しているAPNICは、IANA枯渇後数ヶ月で枯渇するとの予測らしいので、来年の早い内に、日本が新たに取得できるIPv4アドレスも枯渇してしまうことになる。

 歴史の転換点をみることになりそうだ。

 なお、IPv4の基礎的なについては、TCP/IPの絵本 ネットワークっておもしろい!(Amazonへのリンク)をどうぞ。これよりわかりやすくIPv4の事を概説した本を知らない。分野違いの技術端の人や営業さんの基礎知識の一夜漬けにもすすめられる。定番は、こちらの「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版(Amazonへのリンク)」をどうぞ。


2010/12/02 Thu

IPv4アドレスが本年末に枯渇か?

 昨日、「IPv4アドレスが来年早々に枯渇か?」と書いたが、そんな悠長な事態では無くなってきている。

 一連のアフリカ(11月)、欧州(12月1日)、北米および南米(12月1日)への割り当ては想定外だったようだ。この割り当てで残り7ブロックとなった。

 この7ブロックのうち最後の5ブロックは、残り5ブロックになった段階で世界各地の割当機関に自動的に振り分けられる事になっているので、残り実質2ブロックとなっている。

 想定されていたように12月中にアジア太平洋地域(APNIC)に2ブロック割り当てられると、IPv4アドレスは今年中に枯渇する事になる。これを書いている現在、枯渇の解析予測でよく知られたIPv4 Address Reportの枯渇予日の記述は、20010年3月3日のままになっているが、中に掲載されているグラフ類は、すでに、2010年末で枯渇するグラフに書き換わっている。

 クリスマスあたりに枯渇してしまいそうな勢いだ。さまざまなサイトで取り上げられ始めている。

ITpro
IPv4アドレスの枯渇がいよいよ目前、在庫が実質2ブロックに
ITmedia
IPv4アドレスブロックの残数が実質残り2に。目前に迫ったIPv4アドレス枯渇。
Geekなページ
IPv4アドレス残り実質0.8%
techwave.jp
残り実質約0.8%。次でIPv4アドレス枯渇だよ?【あきみち】
JPNIC
IPv4アドレスのIANA在庫、あと/8を2ブロック残すのみ
YAMAHA公式ブログ
2010.12.01 未割り振りIPv4アドレスが4ブロック減り、残り7ブロック(2%)になりました。

2010/12/05 Sun

システムディスクトラブル

 メインPCのシステムディスクに使っている、Host RAID(インテル ラピッド・ストレージテクノロジー)でRAID1を組んでいるボリュームが、Errorで停止。RAIDが外れたとかそのレベルでなく完全にボリュームが使えなくなった。

 Norton AntiVirsu 2011がフルボリュームスキャンしていたので、他のことをしているときにも動かしたままにしておいたのを、夜にみたところ、止まっていた。低消費電力で画面が消えた状態からは復帰したが、それ以上全く動かなかった。

  1. 電源スイッチの長押しをして強制的に停止して、立ち上げ直し
  2. RAIDのBIOSが赤文字でシステムボリュームの入ったRAIDボリューム異常を表示して全く立ち上がらない
  3. RAID1なので、中身は生きているはずと信じて、BIOSで一旦RAIDを解除
  4. 片方のHDDを抜く
  5. 単独ディスクのみにして片方のHDDで立ち上げ直し
  6. OS立ち上げ⇒OK
  7. OSでディスクチェック⇒OK(一応矛盾は生じていない)
  8. 再度シャットダウン
  9. もう一方のHDDに差し替え
  10. 再度立ち上げ
  11. RAID BIOSでこちらのHDDのRAIDを解除
  12. 再再度シャットダウン
  13. OSでチェックしたHDDに差し替え
  14. 再再度起動
  15. OSが立ち上がった後差し替えたHDDを差し込み
  16. ユーティリティでカスタムボリュームの作成
  17. RAID1を作成(システムディスク側を残してRAIDを構成)

 以上でPCが動いている状態でRAID1の構築が開始される。17手順で復帰した。


2010/12/15 Wed

Windowsの定期セキュリティアップデートを実施

 今日は、MS Windowsの定期セキュリティアップデートの日。今回は先月と打って変わって大量のアップデート。

 Office系が1件、WinXP本体が6件、IE関係が3件、Media エンコーダ系が1件、.NET Framework系が1件で、悪意のあるソフトウェアの削除ツールを合わせて、関連する物は、13件であった。

 アクセス権限の制御に問題が見つかって、あちらこちらが直った感じ。

主要ソフトウエアのアップデート

 主要ソフトウエアも、少し前から今日にかけてアップデートが行われた。

 ADOBE READERとFirefoxはしょっちゅうバージョンアップしている感じがする。


2010/12/17 Fri

時刻合わせ障害

 メインPCは、当公開サーバ内に家庭内LAN用に稼働しているNTPサーバに同期するようにしてある。それが今朝から不調。日付は正しいながら時分共に狂った古い時刻が設定される。

 日付と時刻のプロパティのインターネット時刻のタブにある「今すぐ更新」を実行してもエラーが出て時刻が合わない。これは、ファイヤウォールかAntiViralの動作がおかしくなったと踏んで、一時停止にしてみても時刻は同期しない。

 こうなると、昨日のWindowsUpdateに何か問題があっただろうと考えて、再度実施してみると、Microsoft Silverlightの更新が出ていた。

  • Microsoft Silverlight の更新 (KB2477244)
  •  この更新を行ってか、時刻同期をするとあっさり同期した。NTPが使うポートをMicrosoft Silverlightが占有していたのだろうか?(2010/12/18 Sat追記:2010/12/18 SatにCMOSバックアップ電池切れと判明)

    はてブのエントリー数が増加

     14日にソーシャルブックマークのはてなブックマークに新しいページが登録されていた。これにより、総エントリー数は43エントリーとなった。

     今回は、「WD5000AADS-00S9B0はどうなっているのか」が新たに登録された。

     本当にはてブには良く登録してもらっている。


    2010/12/18 Sat

    時刻合わせ障害(解決)

     昨日から発生しているメインPCの時刻合わせ障害は、CMOSのバックアップ電池切れだった。

     今週水曜日のWindows Updateとタイミングを合わせて発生した上、BIOSの設定は正常に維持され、日付情報なども大きくくるっていなかったので、CMOSのバックアップ電池切れを疑っていなかった。しかし、電源立ち上がり時のBIOSの時計をみたところ、その時点で時間が狂っている。一旦、BIOSにて手動で合わせた後に、電源を切り、もう一度立ち上げて確認すると、時刻が進んでいない。ここで、やっとCMOSのバックアップ電池切れを疑いだした。

     メインPCから電池を取り出して電池チェッカで確認したみた。入っていたのは非常に一般的なリチウムコイン電池のCR2032。

    メインPCから取り出した電池 電池チェッカでの判定

     測定できる電池の種類が多い東芝のバッテリーチェッカ TBC-30で判定すると、上記通り「使えません」との表示だった。

     電池の電圧を測ってみると、1.2Vない。

    マルチメーターでの電圧測定

     ここまで消耗していると、設定が維持されていた方が不思議だ。今時のCMOS RAMはかなり低い電圧まで値が維持されるのかと感心した。

     作業を始めたのが遅かったので、電気屋は閉まっていた。コンビニではSONYの電池を売っていた。

    マルチメーターでの電圧測定 マルチメーターでの電圧測定

     一次リチウム電池の好みはパナソニック辺りなんだけれど、そう変わりあるまいと購入して交換。BIOSの再設定を経て、OSまで立ち上げてチェックしたところ正常に動作した。前日のNTPサーバとの同期不良は時刻ズレが大きくて、自動同期できなかったのかも知れない。

     なので、4年しか電池が保たなかったことになる。5年以上はもって欲しいように思う。UPSで電源を切っているので、使っていないときには完全に100V電源が切れ、時計の電源がバックアップ電池頼みとなり消耗が激しかったのだろうか?元々サーバよりのワークステーション用マザーボードなので、電源は常時入っている感覚でメンテナンスの時にに一時的に切られる程度の設計なのかも知れない。


    2010/12/24 Fri

    今日はクリスマスイブです

     今年も本日更新しています。

     今日は勤めから帰るのがすこしだけ遅かったせいか、恋人たちをたくさんは見かけませんでした。しかし、ケーキを持って帰る親子をいつもよりたくさん見ました。

     明日も仕事に出ます。


    2010/12/30 Thu

    はてブのエントリー数が増加

     20日にソーシャルブックマークのはてなブックマークに新しいページが登録されていた。今月2回目。これにより、総エントリー数は44エントリーとなった。

     今回は、「あまり取り上げられない電源特性について」が新たに登録された。このページ、Google等の検索サイトで”商用電源 変動”などの単純な検索キーワードで上位に表示される。検索サイト経由でアクセスの多いページで、当サイトのページリクエストの稼ぎ頭の一つだ。

     「パソコン電源の突入電流」の章内に中に記述している症状と同じようなことを経験して興味を持ってもらえたようだ。

     本当にはてブには良く登録してもらっている。

     電源の品質とUPSの効果の関係についてきっちり書いてある本は少ないと思う。上記の記事内にも掲載しているが、現在入手できる物としては下記の「無停電電源システム実務読本Amazonへのリンク)」位しかないと思う。


    2011年01月へ

    トップページへ戻る 目次へ戻る

    2010年12月(師走)の気分転換におすすめの本


    ネガティブツインタワーサイト絵
    公式サイト(Flex Comix Web)最新話と過去数話をWeb閲覧できます。

     ハイテンションなコメディです。色気とかかわいさが良くわかってらっしゃるはずの「けものの★」先生があえて描く、ふたりの主人公の容姿の描かれようは、萌とか、かわいさとかとかけ離れているように思います。しかし、何でしょう、この不思議なかわいさは!見た目との激しいギャップがこの不思議なかわいさを醸し出すのでしょうか。さすがです。