自宅通信網の運用日誌2011年01月


お知らせ

 リンク切れが発生しにくくするためと、多くの項目が一つのページに集中することにより検索サイトを使った検索結果が適切で無くなることを防止するために、「自宅通信網の運用日誌」の構造を月ごとに分離した形にしています。

 お手数ですが最新月以外は当該年月のリンクを使って閲覧してください。


目次


01月

トップページへ戻る 目次へ戻る

2011/01/02 Sun

明けましておめでとうございます

 今年も当サイトをよろしくお願いいたします。

日誌の切り替え

 先月は、掲載に至らなかった物の新しい記事の作成に着手。また、日誌の末尾で気分転換におすすめのコミックの紹介を掲載誌始めた。

 先月は、9,619ページリクエストであった。ほとんども更新がない中、先月もよく見ていただいていると思う。

 相も変わらず、海外からのリクエストが多い。

IPv4アドレスが昨年末の枯渇は回避

 当サイトのトップページには、下の方に「IPv4枯渇時計」を設置している。

 説明は、時計をクリックすると開くページに記載されている。短く言うと、IPv4アドレスの割り当てを行っている国際機関のIANAが割り当てることの出来る残りアドレスブロック数と、無くなる日を予測している。

 少し前に、急速にアドレスブロックが消費され、昨年末に枯渇しそうな気配を漂わせたが、今年まで持ちこたえた。現在の枯渇予測日は本年2月下旬。

 なお、IPv4の基礎的なについては、TCP/IPの絵本 ネットワークっておもしろい!(Amazonへのリンク)をどうぞ。これよりわかりやすくIPv4の事を概説した本を知らない。分野違いの技術端の人や営業さんの基礎知識の一夜漬けにもすすめられる。定番は、こちらの「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版(Amazonへのリンク)」をどうぞ。


2011/01/12 Wed

Windowsの定期セキュリティアップデートを実施

 今日は、MS Windowsの定期セキュリティアップデートの日。今回は先月と打って変わって悪意のあるソフトウェアの削除ツール以外は1つのみの少量のアップデート。

 WinXP本体が1件、悪意のあるソフトウェアの削除ツールを合わせて、関連する物は、2件であった。これ以外にオプションアップデートを1つ実施した。

 今回の内容では、現在問題になっているIEの脆弱性に関わる物がない。今月緊急のアップデートが行われそうに思う。


2011/01/14 Fri

はてブのエントリー数が増加

 いつの間にかソーシャルブックマークのはてなブックマークの当公開Webサイトのエントリー数が増えていた。これにより、総エントリー数は45エントリーとなった。

 今回は、「当サイトのトップページ」の非公開エントリーが増え4⇒5エントリーとなった。

 本当にはてブには良く登録してもらっている。


2011/01/19 Wed

日経BPが「地デジ移行だけでなくアドレス枯渇もお忘れなく」と掲載

 当サイトのトップページには、下の方に「IPv4枯渇時計」を設置している。この時計の一表示項目に、IPv4アドレスの割り当てを行っている国際機関のIANAが割り当てることの出来る残りアドレスブロックの無くなる予測日がある。これが指し示すIPv4アドレス枯渇まで日数が本日2週間を切り13日を示した。枯渇目の前となっている。

 日経BPのITproに関連した記事「地デジ移行だけでなくアドレス枯渇もお忘れなく」が掲載されている。

 この記事の中で斉藤 栄太郎記者は以下のように記述している。

「実際に枯渇してIPアドレスがもらいにくくなると知ったとき、人々は平穏でいられるだろうか。筆者はそうではないと考える。冒頭のエコポイントの例からも明らかだろう」

 本当にその通りだと思う。去年にはやった新型インフルエンザの場合も、事前にあれほど、公共機関がマスクや消毒薬の備蓄や季節性インフルエンザのワクチンの接種を呼びかけていたにもかかわらず行われず、事態が進展してからあの騒ぎとなっている。今回も、事前には無視しているような状態なのに、日本のインターネット上で突然パニックが発生するような気がする。そして、それを引き金にすぐには関係しない企業内や家庭内のローカル通信網についても騒ぎ出しそうに思う。

 特に騒ぎすぎる必要はないように思うが、無視も良くない。冷静になるためには、事態がよく分かるように基礎知識が必要。


2011/01/20 Thu

WindowsのProxy設定の注意点

 当サイトの様に、自宅LANにHTTP Proxyを組んで運用している人は、現在は少ないかも知れない。しかし、企業ではまれと言うほど利用が少ない物ではない。通信回線の帯域の節約のためや、セキュリティ強化のためなどに使われることが多い。

 このような通信網と、外出先などで広域無線通信網(WWAN)を使うような、モバイルノートパソコンなどの場合、Proxyの設定切り替えがうまくいかないことがある。

 通常、Proxyの設定は、Internet Explorerの設定かコントロールパネルのインターネット接続オプションの接続タブにあるLANの設定を変更すると認識している人が多いと思う。

 しかし、この設定では、Windows Updateの設定だけ変わらなかったり、その他、一部のアプリケーションのProxyだけ変わらなかったりする。これは、これらのソフトウエアが、Internet Explorerの設定かコントロールパネルから設定できる設定結果と異なる設定を詠みに行ってしまうためらしい。設定方法の詳細は以下の通り。

Windows Update クライアントを使用して、Windows Update Web サイトに接続するプロキシ サーバーを決定する方法

 簡単に現在のIE設定とあわすには、以下のコマンドを、管理者権限のアカウントのユーザーでコマンドプロンプトを使って実行するかファイル名を指定して実行すればよい。

 ところが、このコマンドVista以降のバージョンでは無くなってしまっているらしい。この場合、netshコマンドを使うとうまくいくはずであるが…。

 実際にWindows Vista home搭載機でやってみるとうまくいかない。書き込みが拒否されてしまう。もう少し調べねば。

 proxycfg -uの方は、Windows XP Pro搭載機で動作確認済み。IEではProxy設定が正しく動くのにその他のソフトウエアではうまくいかない人は、改善する可能性が結構ありそうに思う。


2011/01/21 Fri

IPv4アドレスブロック枯渇?

 当サイトのトップページには、下の方に「IPv4枯渇時計」を設置している。この時計の一表示項目に、IPv4アドレスの割り当てを行っている国際機関のIANAが割り当てることの出来る残りアドレスブロックの無くなる予測日がある。これが指し示すIPv4アドレス枯渇まで日数が今朝は11日を示した。「枯渇目の前だなぁ」と思っていたらいつの間にか枯渇したという表示になっている。

2011年1月21日のIPv4枯渇時計

 枯渇日が、3日前の2011年1月18日になっている。表示の間違いかなと、この問題の解析で有名なジェフ・ヒューストン氏が公開しているサイト(IPv4 Address Report)を見に行っても、「Projected IANA Unallocated Address Pool Exhaustion: 18-Jan-2011」と2011年1月18日となっている。

 しかしそれにしては、世間の状況が静かすぎる。他のサイト(ipv6.he.net)を見に行くと、IPv4のアドレスブロックは7/256残っていて、あと11日との表示が出ている。

 現在、世界各地でのアドレス配付を担当する6つあるRIPの中で、日本を含む環太平洋エリアのアドレス配付を行っているAPNICの空きアドレスが残りは6.3%で一番少ない状態。次は割り当てが行われるのが濃厚。ここに割り当てられていないので、やはり、今のIPv4枯渇時計の表示は誤表示だと思う。

 この時期に誤表示を出されるとドッキリする。


2011/01/25 Tue

UPSを交換中

 現在、メインPCのUPSを三菱 FREQUPS FW-A10R-1.0K⇒APC APC Smart-UPS 1500VA USB & Serial RM 2U 100V Blackへの置き換えを実施中。

FREQUPS FW-A10R-1.0K⇒APC APC Smart-UPS 1500VA RM

 UPS本体は仕事でお世話になっている株式会社ノベラックさんノベラック楽天市場店で購入。それ以外はAPCの直販サイトで購入。

 FREQUPS FW-A10R-1.0Kが古すぎて交換バッテリが手に入らなくなり、交換を決断。SNMPで状態の記録を取ったり、ネットワークを使ったシャットダウンを行うために Network Management Card の AP9630 も導入。

NMC AP9630

 メーカーが違うので、管理プログラムの変更やSNMPへのアクセスに変更が必要になるとは思っていた。そんな段階の前に、トラブルが発生中。

PowerChute BUSINESS EDITION

 UPS本体には何も問題はないのだが、APCの直販サイトでダウンロード販売で購入した、 UPS管理ソフトの PowerChute Business Edition Deluxe for Windows (SSPCBEW1SMJ) がダウンロードできない。ダウンロード前に、指定サイトでユーザ登録が必要なのだが出来なかった。今月18日にライセンスシートが届いて、23日まで他の機器のユーザ登録をしてみたりブラウザ変えたり回線変えたり、様々なことを試みたが登録できなかった。24日の昼休みに、サポートに電話したところ、今APCのユーザー登録サイトはオンライン登録出来なくなっていると言うことが判明した。ダウンロード販売しておいて、オンラインで登録出来ないとは…。

 FAXで代行登録することになったになったので、24日に電話の安くなる11時以降にFAXを送った。40円なり。せこいけど、手間と電話代(問い合わせの電話代とFAXの電話代)かかるなんて、どこにも書いてないぞなどと思った。


2011/01/27 Thu

UPSを交換中その2

 APCへ、UPS本体の登録とソフトウエアダウンロードのためのユーザー登録と、古いUPSの処分のためのTrade-UPS(UPS買い替え促進プログラム)のシンセイを24日夜にFAXで依頼した。2011/01/25 Tue丸一日と2011/01/26 Wed夕方まで待ったが連絡がないので、昨日(2011/01/26 Wed)夕方こちらからAPCに電話してみた。

 確かに、送った枚数の4枚書類は届いた事になっていたそうだが、何と肝心のソフトウエアダウンロードのためのユーザー登録が巧く遅れていなかったとのことであった。確かに2分20秒もかかっていたので、エラー訂正が激しく起きているのかなぁとは思っていたが、ECM(エラー訂正)はちゃんと効いているとの表示だったので、まさか送れていないとは思っていなかった。別の番号のFAXにソフトウエアダウンロードのためのユーザー登録1枚だけ送る様に言われて送信すると短時間(21秒)で終了した。

 しばらくすると、登録完了の電話があり登録は完了した。待っていると、登録案内のメールもやってきた。しかしパスワードの記述はない。ユーザサイトに行って、パスワードを忘れたときの操作と同じ事をして、登録メールアドレスにパスワードを発行させる手順を取るらしい。

 実際にやると、パスワードがメールで送られてきたので、それでログインすると、ダウンロードできた。昨日(2011/01/26 Wed)メインPC関係はここまでとした。

 その後は、三菱のNMCであるFW-AWB-A⇒APCのNMCであるAP9630へ移行で発生したSNMPのMIBの変更に対応して、電圧や消費電力のグラフ化に使っているMRTGの設定を変更した。

 ベンダが異なるので、MIBが大幅に違う。扱える内容が異なるのはもとより、値の考え方が違うのが目立った。

 本日は、UPS管理ソフトの PowerChute Business Edition Deluxe for Windows (SSPCBEW1SMJ)をセットアップして終了。


2011年02月へ

トップページへ戻る 目次へ戻る

2011年01月(睦月)の気分転換におすすめの本


ぎんぎつね公式サイト扉絵
公式サイト(集英社ヴォイスコミック)過去数話をWeb閲覧できます。

 町の稲荷神社を舞台に、その稲荷神社の神使である狐の銀太郎と、普段は人には見えない神使が見える跡取り娘の冴木まことを中心に日常を描いたお話です。人の結びつきと清んだ空気感が感じられる所が気に入っています。