自宅通信網の運用日誌2011年09月


お知らせ

 リンク切れが発生しにくくするためと、多くの項目が一つのページに集中することにより検索サイトを使った検索結果が適切で無くなることを防止するために、「自宅通信網の運用日誌」の構造を月ごとに分離した形にしています。

 お手数ですが最新月以外は当該年月のリンクを使って閲覧してください。


目次


09月

トップページへ戻る 目次へ戻る

2011/09/01 Thu

日誌の切り替え

 7月に急減したページリクエスト数が先月は急回復。1万をわずかながら越え10,057ページリクエストだった。

 先月の後半で、Google PageRankが変動しているのが分かっている。先月の急減は、どうも、Google PageRankが4/10⇒3/10と変化したときに、表示順位が大きく落ち込むときがあったのではないかと推測している。

 先月は、後半にスパイダやbotとは思えない、人が内容をよく読んでくれていると思えるアクセスが増えていた。特に多くのページを読んでいただいた人が複数人いたようだ。日誌以外の記事の更新のないサイトとしてはよく読んでいただけてると思う。

主要ソフトウエアのバージョンアップ

 今日、日付が変わってすぐ、メインのブラウザとして使っている、Mozilla Firefoxのマイナーバージョンのアップデートが通知された。

 Firefoxは6週間おきに新バージョンを公開する「高速リリースサイクル」を導入している。この為、脆弱性の修正も原則メジャーアップデートので行われはずであった。そんな中、例外のマイナーバージョンが行われた。

 これは、公式には「不正な SSL 証明書の発行 が明らかになったため、DigiNotar 社のルート証明書を無効化」と言うことになっている。この問題については、「イランからGoogleへのSSL通信が傍受されていた疑い。CAから発行された偽証明書が原因」(Geekなページ)にわかりやすく解説されている。このルート証明書の問題は重要な問題だと思っていたので、手動で削除を始めていた。

 ルート証明はSSLによりる暗号化の要であり、ここが偽造されることは、制度上考えられていても、実運用上はあまり考えられてこなかったように思う。このため、今回のルート証明書もプログラムにハードコーディングされていた。この為このバージョンアップまでは、削除することは出来ず無効化することによる対応となった。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2011/09/07 Wed

緊急のWindows Update

 昨日、緊急に行われたのメインブラウザMozilla Firefoxの「DigiNotar 社のルート証明書を無効化」に続いて、これに相当するWindows 本体の緊急のセキュリティアップデートがも本日行われた。

再度の主要ソフトウエアのバージョンアップ

 昨日に続いて再度、メインブラウザMozilla Firefoxのマイナーバージョンのアップデートが通知された。

 「高速リリースサイクル」の原則を同月に2回連続で破った形で例外のマイナーバージョンが行われた。

 これは、昨日の不正な SSL 証明書の発行 が明らかになったため、DigiNotar 社のルート証明書を無効化」により、無効化しきれなかった同様の不正な証明書の無効化を行う物であった。

 これだけ基幹をなす認証システムに異常があると、他のも大丈夫かと思ってしまう。例えば無線LANのWPA2の認証とか…。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2011/09/14 Wed

定期Windows Update

 本日は、定期Windows Updateの日。前もってアップデートを行った割には更新量が多かった。

 MS Officeの更新が5個と多い。それ以外はWindows XP本体のアップデートが2件。必ずある悪意のあるソフトウェアの削除ツールと合わせて、8件だった。るWindowsXPの1件は、この頃騒ぎになってい証明書のCA局の信頼性の問題。

 MS Office系を入れていないVista Home機は昨日更新された物を含めて5件であった。

はてブにエントリ数が54になった

 2011/06/10 Friにはてなブックマーク登録数が50エントリとなった後、2011/08/07 Sunに51エントリとなり、今気がつくと、54エントリになっていた。当サイトの「トップページ」や「Windows NT/2K/XP系のドライブ構成の提案」や「メインクライアント詳細」が増加した。

 匿名のエントリーが増えているので、どのような経緯で選んでもらえたのか良く分からない。

四季賞2011年夏

 講談社四季賞2011年夏のコンテストの大賞作品がスゴイ。

作品名
「ZNTV東京支局」
作者
井上文月

 突然、漫画を下の隙間でなくここで取り上げるのかと不思議に感じる方も多いと思う。下の隙間で取り上げているような柔らかい作品ではなくグサッと来る内容。荒削りなところがありながら泣る。マスメディアとインターネットの関係とその特性や、情報の伝わり方にも言及した意欲作だと思うので、手に入るうちに多くの方に読まれると良いと感じた。

 報道に抱える問題についてガツンと取り上げている。報道の現場に携わったことのあるという作者の「批判理由は『伝えるべき事を伝えない』事があるのでしょう」という言葉が重い。この頃の商業漫画の掲載傾向の対極をなす内容でしかも179ページの大作。通常の商業誌に掲載され単行本化される確率はかなり低いと思う。四季賞でしか読めそうもない作品。

 しかも奇跡のタイミングで掲載されている。応募締め切りは2011/04/05 Tue、179ページの大作の為、東日本大震災の発災日(2011/03/11 Fri)より前に書かれていたのはほぼ確実。

 漫画も一期一会。四季賞2011年夏は講談社月刊アフタヌーン2011年10月号の付録。もし興味がありましたらどうぞ。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2011/09/22 Thu

UQ WiMAX大障害

 昨日夕方から今日昼過ぎまで、東日本全域のUQ WiMAXが使い物にならなくあるという大障害が発生したようだ。当該エリアの関係契約は70万回線あるらしい。Impress Watchにも記事が出ている。

 大規模障害も問題があるように思うが、それよりも、もっと、適切に情報公開できない物かと思う。

アクセスの落ち込みが回復している?

 Google PR(PageRank)は3のままで変化がないのに、検索サイト経由でのアクセスが増えているように思う。これが、一時期のアクセス数の落ち込みを補っているように思う。

 Googleは意図的にPRを操作する目的で作られたサイト(コンテンツファームなど)を排除する機構を強化しいっている。近頃導入された物は「パンダアルゴリズム」と呼ばれる物が導入されている。このパンダアルゴリズムが日本でも6月頃から導入されてこの頃、其の効果で順位の変動が認識されつつあるようだ。

 この効果の反作用で、当サイトの様な何も特にその手のことをしていないサイトが表示されやすくなっているのかも知れないと思った。


2011年10月へ

トップページへ戻る 目次へ戻る

2011年09月(長月)の気分転換におすすめの本


異国迷路のクロワーゼ 武田日向 DRAGON COMICS AGE

 富士見書房ドラゴンエイジWeb公式異国迷路のクロワーゼ特集ページで内容が確認できます。

 異国迷路のクロワーゼ特集ページの紹介文

19世紀後半(日本では明治時代の中頃)、ヨーロッパでは日本の文化(ジャポニズム)が流行していた時代。単身フランスのパリへと渡った少女・湯音(ユネ)は、パリの下町にある鉄鋼工芸展「ロアの看板店」(アンセーニュ・ド・ロア)で働くことになった。店主・クロードとのやり取りを通じて、異なる文化に戸惑いながらも乗り越えて行く、湯音のパリ細腕繁盛記。

 今月は、『異国迷路のクロワーゼ』(武田日向 著、2007年 12月 08日第1巻発売)を紹介します。

 元々、この最下段の紹介文は、当サイトの雰囲気にそぐわない感じがあるのは、前から分かってはいるのです。今回紹介する物は、絵柄や導入部分がとてもかわいく描かれており、さらに取り上げるのに勇気が要りました。多分、当サイトを見に来ていただけるような方には買いにくい雰囲気を漂わせているのではないでしょうか。

 しかし、今年のテーマとしている「柔らかな感触の物語の紹介」にぴったり合う純な出逢いを取り扱った良い作品のため、あえて紹介しています。主人公を短く例えれば小泉八雲が愛したかつての日本人です。

 ほのぼの系のお話がお好きな同業の方のブログで、クオリティを褒めて薦めておられる事を見かける良作です。キャラクターがかわいい、特に主人公の湯音がたまらんとの意見も見かけます。これは絵柄がかわいいというだけでなく、誠実で健気な人となりが実に可愛らしいと言うのも含まれていると思います。

 ただ、この漫画の懸念点として休載率が高い作家さんとの噂があるので、中途で立ち消えになってしまう心配を感じます。現在最新刊の2巻初版が2009年6月に出て2011年6月で7版という版を重ねる人気作です。それにもかかわらず、2年経った今だに3巻が出ていないというのがこの懸念を補強してしまいます。本作の作家である武田日向さんに限らず、この手のお話を作られる作家さんは人気があっても休載される率が高い気がします。このような世界を創作出来る鋭敏な感覚が、現実の生活では困難を生むのでしょうか。3巻以降も無事出ると良いのですが。

 ほのぼの系のお話がお好きであれば、男女問わず、若い方も子育てが一段落したような世代の方にも勧められます。ただ、漫画好の後に総理大臣になった外務大臣が「女の子っぽい絵柄」の漫画を読んだという話に違和感を感じる世代には…。もうおじさんと呼ばれなれた世代以上の方には、手に取りレジに持っていくのに少し敷居の高いところがありそうです。しかし、書店員さんは一般扱いの漫画をどんな層に読まれているかは気にしても、どこの個人が買っていくかなどと言うことは基本的に気にしません。どうしても気になる場合は、通販がありますので、気になる方は是非読んでみてください。