自宅通信網の運用日誌2012年01月


お知らせ

 リンク切れを発生しにくくするためと、多くの項目が一つのページに集中することにより検索結果が適切で無くなることを防止するために、「自宅通信網の運用日誌」の構造を月ごとに分離しています。

 お手数ですが最新月以外は当該年月のリンクを使って閲覧してください。


目次


1月

トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/02 Mon

日誌の切り替え

 昨年(2011年)は震災、それに伴う原子力発電所の過酷事故、台風による洪水、超円高の継続、大変なことに枚挙の暇がないくらい激動の年だった。個人としても様々なことがある激しい年であった。無事年を超えることができたが、本年は一息つけるような年になってほしいと思う。

 世間の状況に反して、当サイトは安定運用が出来る幸運に恵まれた。先月も、日誌さえほとんど更新できない状況で、記事も書きかけているものの掲載した記事はなく、特に低調な月だった。

 このためか、ページリクエストも低調で、とうとう9千ページリクエストを割り込んで8,988ページリクエストしかなかった。年初めの1日のアクセス数も200ページリクエストを久しぶりに割りこむ低調なスタートになっている。更新できていないから当然といえば当然。年始早々に記事を掲載できそうなのが少し救いか。

 全体的にはいつもに増して低調でありながら、「あまり取り上げられない電源特性について」だけが変わらず参照されている。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/04 Wed

Googleへの掲載が速くなっている?

 どうも、新しいページのGoogleの検索結果への反映が早まっているような気がする。

 このページ(自宅通信網の運用日誌2012年01月)は、2012/01/02 Monの20時前に掲載している。それが、2012/01/03 Tueの午前には、すでにインデクス化され、掲載されいるのを確認できた。また、「プリンタ組み合わせによる印刷コスト低減の考察」は、2012/01/02 Mon 23時頃に掲載したが、2012/01/03 Tue 06:46:18にGoogleのクローラであるGooglebot/2.1が1回クロールしていった後、2012/01/03 Tue昼過ぎにはインデクス化され、掲載されいるのを確認できた。わずかGoogleの認識後5時間程で掲載されたことになる。

 以前の記事で、Googleは、「全く新しいページは6週間から2週間でインデクス化される」と書いているので、これが大幅に短縮された事になる。記事当時の当サイトはページランク(PR)2/10だったのが、現在は、PR3/10になっているので、改善度合いを割り引いて考える必要があるとは思う。しかし、PR3/10になってからかなりたつ半年前には、このページのように比較的良く更新されているページですら3日以上7日程度掲載遅れがあった物が、数時間で更新や掲載されるというのは、何らかの改善が行われたたか、方針の変更が行われたのだと思う。

Android端末を導入

 去年末(2011/12/10 Sat)から、普段持ち歩く携帯情報端末を入れ替え。Ubuntu の NetWalker(SHARP PC-Z1)から Android WALKMAN(Sony NW-Z1070)にした。

SHARP PC-Z1 + Sony NW-X1050 ⇒ Sony NW-Z1070

 Android端末として扱うとはいえ本来は携帯音楽プレーヤーの WALKMAN。携帯音楽プレーヤとして持ち歩いていたNW-X1050も統合できる。このため携帯音楽プレーヤーとしてはかなり大ぶりな NW-Z1070 であっても容積の節約になる。

 本体と同時に、専用革ケース(CKL-NWZ1000)も導入。

Sony NW-Z1070 CKL-NWZ1000 Sony NW-1070Z + CKL-NWZ1000閉じた状態 Sony NW-1070Z + CKL-NWZ1000開いた状態

 付けたまま、WM-PORTを使える。

Sony NW-1070Z + CKL-NWZ1000閉じた状態でWM-PORT使用 Sony NW-1070Z + CKL-NWZ1000開いた状態ででWM-PORT使用

 SHARP PC-Z1では見られないWebページの激増、Sony NW-X1050では、YouTubeで見られない形式の画像が増加していたが、それらの問題は綺麗さっぱりと解決。

 解像度が1,024×600 ⇒ 800x480に低下するので、Webブラウザが実用的に使えるかどうか心配したが、大手の情報量の多いサイトでは問題なし。Android携帯の仲間として認識されているようで、スマートフォン用のページへ切り替えられ不便がなかった。また、スマートフォン用のページが無いところでも拡大縮小がスムーズに行えることで十分補えた。また、2chの専ブラに良いのがあるかどうか心配したが、様々あり、2chMate 使用で落ち着いた。

 思わぬ有効な機能があったり楽しかったする利点や、安定度や負荷による問題点など、良いも悪いもあるが、それらについてはまた今度書きたいと思う。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/05 Thu

移動時の電源確保

 WiMAXモバイルルータのNEC AtermWM3500を導入したり、Android WALKMAN(Sony NW-Z1070)導入したりして、電池の交換できないモバイル系電子機器が増えてきた。また、NW-Z1070は、以前使っていたNW-X1050等に比べると、電池の持ちが悪い。高機能高性能の代償として、純然たる携帯音楽プレーヤーであるAシリーズのWALKMANに比べると、電池の持ちにかなりの差がついてしまう。

 行程4時間を越える実家に戻る機会なども増えていたので、移動時の電源確保を強化している。具体的には、下記のUSB出力付バッテリーを使っている。

移動時の電源を強化する機器

 上は、SONYのCycleEnergy CP-2L、下は、SANYO eneloop mobile booster KBC-L54D。

 CycleEnergy CP-2Lを最初に導入した。KBC-L54D程著名ではないが同程度の大容量で2,100mAhある。

CP-2L分離 CP-2L電池側 CP-2L出力USB CP-2L充電口 CP-2L充電器

 容積が大きいのと、USB充電が出来ないので旅行の行程が長いときのみ持ち歩いていて、普段は持ち歩いていない。

 mobile booster KBC-L54Dは、5,400mAhとパッケージに表示があるが、これは、3.7Vのはなしで、5Vの出力容量は、2,500mAh相当になる。

KBC-L54D表面 KBC-L54D裏面 KBC-L54D充電USB KBC-L54D出力USB

 通常の大きさのUSBの方が出力。容積が小さいのと最大出力が1.5Aと大きい、USB充電も出来るので普段はこちらを持ち歩いている。

 NEC AtermWM3500、NW-Z1070の他に、PHS携帯電話機のWillcom WX334K、BluetoothヘッドホンアダプタのSONY DCR-BT30などの充電に使っている。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/08 Sun

Android端末導入(良いところ悪いところ)

 2012/01/04 Wedに続いてAndroid WALKMAN(Sony NW-Z1070)導入についての話題。

心配した割に問題にならなかったこと

良かったこと

悪かったこと


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/10 Tue

はてブのエントリー数が増加

 2011/09/14 Wedに54エントリーになっていたはてなブックマークのエントリー数が、2012/01/06 Friには58エントリーになっていた。

 新しいページのエントリーはなかったが、以下のページのエントリーが増加していた。

 相変わらずよく登録してもらっている。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/11 Wed

Windows Update

 本日は、Windows Updateの日。当サイトのメインPC (Windows XP Pro SP3)には以下の内容のアップデートが公開されていた。

 Windows XP本体の更新が7件、いつも公開される悪意のあるソフトウェアの削除ツールを合わせると8件であった。

 今回は、OS本体のアップデートを中心に多めのアップデートであった。上記にはMicrosoft .NET Frameworkのアップデートはな。しかし、先月の末の30日に定期外のMicrosoft .NET Frameworkのアップデートでがあったので、実質的には、アップデートがあったも同然。

 Windows Vista Homeのアップデートは、重要7件、推奨1件であった。XP Pro SP3と同様に先月の末の30日に定期外のMicrosoft .NET Frameworkのアップデートでがあった。

主要ソフトウエアのアップデート

 Adobe Acrobat系のアップデートがあった。FFFTPのバージョンアップも実施した。

 少し前からFFFTPのサウンドで指定した音が鳴らなくなっているが、今回も直らなかった。

@nifty WiMAX Wi-Fiサービス

 ニフティ株式会社から、UQ WiMAX Wi-Fiサービスと同様の@nifty WiMAX Wi-Fiサービスが今日から提供されるようになったとの連絡有り。

 東海道新幹線のN700系車内のみの制限があるとはいえ、新幹線の中で安定して使える方法が提供されるのが有難い。

UQコミュニケーションズ契約回線数急増

 去年11月あたりから、首都圏夜間の速度が落ちるとの感想をよく聞くようになったので、基地局あたりのユーザ数が急増したのかも知れないと思っていたら、それを裏付けるような発表が公式(TCA 携帯電話/IP接続サービス/PHS/無線呼び出し契約数 (2011年12月末現在) BWA契約数)にあり。

 UQコミュニケーションズ株式会社の契約純増数が287,800になっている。11月が68,000、10月が95,600程度だったから、まさしく桁違いの増加であった。

 設備をちゃんと増強してくれないと、負荷による障害を起こしそうで怖いと思う。2011年9月21日に発生した東日本におけるネットワーク障害のようなことが発生しないと良いが。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/16 Mon

ベストエフォート

 ベストエフォート( best effort:できる限りの努力をする )型という言い分が成り立つには条件があるように思う。

 この頃、コストを低減する場合、性能や機能を「保証しない」と言うのが、一番効くように思う。

 例えば、インターネット接続を提供する場合、ギャランティ(品質保証)型であるSLA(Service Level Agreement)で提供するよりベストエフォート型で提供する方が、桁違いに低価格で提供されているように思う。このため、一般消費者がインターネット接続サービスを受けるような場合、ほとんどがベストエフォートになってしまう。

 しかし、このベストエホートという提供の仕方が本当に成り立つには、提供者が出来る限りの努力(ベストエホート)をしていないと思ったときに、他のベストエホート型サービスの提供者に乗り換えられるという選択枝があって、初めてベストエホートが担保されるように思う。

 つまり、独占的サービス提供者しかいない市場の場合、提供者が出来る限りの努力(ベストエホート)をしていなくとも、その業者を使うことしかできないので、契約で保証させるしかない。

 逆に、複数の提供者が存在し競争関係の場合、ベストエフォート型であっても、コストに見合わないサービスしか提供できない提供者は顧客がよそに逃げてしまうので、低品質の物しか供給されないという心配はないことになる。つまり、インターネット接続などのベストエフォート型サービスで十分出来る限りの努力(ベストエホート)をしていないと思ったとき乗り換える事により、一方的に利用者(消費者)が不利益を受けるのを防ぐことが出来る。

 こう考えると、ベストエフォートで通信回線やインターネット接続を提供しておいて年縛りなどをかける商法は、健全なのかと考えてしまう。本来は、サービス品質の定価に基準を設けてそれを下回ったら年縛りが解除されるような条件が必要に思う。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/17 Tue

紹介作からマンガ大賞ノミネート2本

マンガ大賞2012ロゴ

 日誌の脚注に日誌とは違う文体で毎月紹介している「気分転換におすすめの本」の中から、マンガ大賞2012ノミネート作品が2本出た。めでたい。良い作品を世に出す著者は言うに及ばはず関係者の尽力に感謝。

 マンガ大賞は、前年に新刊の単行本が発売された最大巻数8巻までの作品を対象に書店員を中心とした選考委員が審査する賞。今年の場合、2011/01/01 Sat〜2011/12/31 Satに発売された新刊が対象となる。書店員が社会的意義云々に関係なく個人として面白いと思う物を選ぶというのを特徴とする。出版関係者が含まれず出版社の「色」がついていないのがミソでそこが支持されていると言われている。

 昨年は特に刺激的な物を避けて、内容の割に知られていないと感じる作品を紹介をし続けて、紹介12作の中で2作のノミネートでノミネート15作の中から2作。自己満足ばかりでなく他人も納得できる作画含まれていたかと、ちょっと安心した。

マンガ大賞2012ノミネート15作品

(作品名あいうえお順・敬称略)


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/19 Thu

Android WALKMAN(Sony NW-Z1070)のアップデート

 通勤途中のJR普通電車の中で、Sony NW-Z1070のシステムアップデートが通知された。少し無茶かも知れないと思いながらも、そのままアップデートを実行。

 百数十MBのダウンロードが無事済み、アップデートのためにリブートが行われた後、ACアダプタの接続を要求するような図形が表示された。電源を繋げないとアップデートしないのかと思い慌ててモバイルブースターを準備した。しかし、インストールは止まっていなかったようで、鞄の中からモバイルブースターとケーブルを取り出している間に次の段階へ進行していった。

 どうせ取り出したので、モバイルブースターを接続して、待っていると、程なくバージョンアップは無事終了した。通常は、Wi−Fi経由のシステムアップデート扱いで導入するより、「x-アプリ」によるアップデートが良いように思う。

 アップデート内容は以下の通り。

  1. 高負荷時にて音楽再生時の音飛びを軽減
  2. BDレコーダーと接続した時、時刻がずれることがある問題の修正
  3. AVLS機能の追加
  4. その他問題の修正

 2012/01/08 Sunの「Android端末導入(良いところ悪いところ)」の「悪かったこと」の項に書いた「無線LANでWPA2使用時に、無線LAN切断時に音楽プレーヤーの音が途切れる事が多い」に関連した音飛びの改善が含まれている。確かに無線LAN切断時の音飛びが分からなくなった。そのほかにも、いつの間にかプレーヤー関係のプロセスが増えていったりしなくなったように思う。

 「AVLS機能の追加」はW.ミュージックの機能としてではなく、システム側の設定⇒音の中に、AVLSの選択項がある。

WZ EDITOR 7の体験版

 今まで、WZ EDITOR 4を長々と使ってきたが、現行のWZsoft WZ EDITOR 7がとても良さそうに思えたので、体験版を昨日から導入してみた。現在これで書いている。今のところ快適。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/22 Sun

Google同期ディスクトップカレンダ

 Android端末を導入していると、Googleカレンダを使うのが、何かと都合の良いように出来ている。そこで、PCのデスクトップカレンダも、Googleカレンダに同期する物に変えてみた。

デスククトップ上のLilyCalendarの様子

 導入したのは、SakuraApps LilyCalendar 1.012。画像ではほぼ中央少し上に表示されている。Vector窓の杜で去年の6月頃から紹介されている。

 スタイル設定でTransparentWiteを選んで文字の大きさを少し大きめに設定すると添付の画像のようになる。

 Googleカレンダ経由で、Android端末や持ち歩いているPCと同期するうえ、インストールしていない端末でもWebブラウザさえあればWeb上でも確認できるので便利。


トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/01/25 Wed

Android WALKMAN(Sony NW-Z1070)のアップデート再度

 01/19 ThuAndroid WALKMAN(Sony NW-Z1070)のアップデートを行ったが、再度のシステムアップデートが通知された。

 帰りのポートライナーの中での通知だった。少し無茶かも知れないと思いながらも、昼食時にモバイルブースターから充電して97%程の充電された状態だったので、前回に引き続き今回もそのままアップデートを実行。

 10分ほどで百数十MBのダウンロードが無事済み、ダウンロードした物の検証が済みアップデートのためにリブートが行われた後、ACアダプタの接続を要求するような図形が表示された。すでに神戸三宮に着き、ポートライナーを降りていたので歩きながらとなったが、モバイルブースター接続することなくアップデートを続行した。省電力で画面は消えることがあったが、インストールは止まっていなかったようで、夕飯を食べている間に完了してアップデート成功のダイアログが表示された。

 今回の方法でも出来ることは分かったが、アクシデントが何か起こると大問題。通常は、Wi−Fi経由のシステムアップデート扱いで導入するより、「x-アプリ」によるアップデートが良いように思う。

 アップデート内容は前回と全く同じ以下の通り。

  1. 高負荷時にて音楽再生時の音飛びを軽減
  2. BDレコーダーと接続した時、時刻がずれることがある問題の修正
  3. AVLS機能の追加
  4. その他問題の修正

 前回のアップデートで不安定になる場合があり、01/20 Friに公開を中断していたらしい。今回は、その対策して再度アップデートと言うことになっている。

 私の場合、01/18 Wed以前は、2012/01/08 Sunの「Android端末導入(良いところ悪いところ)」の「悪かったこと」の項にも書いた他にも不安定さが際立っていたので、01/19 Thuにアップデートにした後、さらに不安定になったようには思っていなかったので驚いた。

このAndroidタブレットは魅力的

 ASUSEee Pad TF201は、魅力的に思う。

 低消費電力ながら高性能なCPU(NVIDIA(R) Tegra 3)を採用し、薄くて軽くて高性能で長時間運用のスペックが記載されている。

 米国発売の発表があってから、国内発売はいつかと気にしていたらJoshin Webに1/21 Satに載った。しかし、今はそのページがない。ASUSのページには載っているし、Amazonでも出品があるので発売されているのだと思う。他のサイトをJoshin Webと見間違えたか、売れすぎてページを削除されたか?


2012年2月へ

トップページへ戻る 目次へ戻る

2012年1月(睦月)の気分転換におすすめの本

旦那が何を言っているかわからない件

公式ページの紹介

 一迅社で書籍化されてますが、作者の旦那が何を言っているかわからない件のページで書籍化されていない新しいお話を含めて全話掲載されています。

『旦那が何を言っているかわからない件』の公式紹介文

 真面目で仕事熱心なOLのカオルと、某巨大ネット掲示板に入り浸りのダンナが繰り広げる、コミカルなWeb漫画「旦那が何を言っているかわからない件」が単行本化! 新規描き下ろしを大量に加え、ますますいちゃラブワールドが加速する! ニヤつくもよし、壁を殴るもよし。身近な幸せに気づかされるこの1冊で、少しだけ温かくなってみませんか。

当サイトの紹介文

 今月は、『旦那が何を言っているかわからない件』(クール教信者 著、2011年12月27日第1巻発売)を紹介します。

 ネットの住人のお伽話と言ってしまうと寂しすぎるのかもしれませんが…。ディープなアニメオタクと、一般的OLの仲睦まじき夫婦生活が描かれた4コマ漫画です。

 中で描かれるお嫁さんはアニメなどに描かれるヒロインのような現実離れした女性ではありません。家事が苦手で、容姿に少しコンプレックスのある、普通の勤め先で仕事をするいかにもいそうなごく普通のOLとして描かれています。しかし、読み進めるうちに「この娘は天使! 現実離れしている!」と、思えてしまう程に良いパートナーです。

 一緒に暮らすためにひと通り家事ができるようになるように教えてもらうとか、旦那と一緒に海に行くためにカナヅチを克服するとかの可愛い努力の他にも、旦那さんの気遣いにちゃんと気がついているとか、なんのかんの言っても趣味の部分はちゃんと理解しているなど、共同生活上の配慮がとても細やかです。

 旦那の方は、自宅警備士状態で、一般的には生活費を稼ぐと想定できるような仕事にはついていません。そうでありながら、玄人として生計を担う額の稼ぎを出しており、必要(お嫁さんのため)であれば嫌いな外での仕事もちゃんとこなします。また、普段は家事を引き受けているようです。さらに、自身の好きな事は好きな事として、二人で過ごすときにしたいことやべきことをちゃんとわかっています。こんな筋の通ったオタクというのは早々いるものではないような気がします。

 こんな二人の生活が仲睦まじく幸せで、リアルな世界の表現ながら、現実離れしているという不思議な感覚を醸し出しています。

 1ページに1列のとても荒い絵柄の4コマ漫画しかなく、量的コストパホーマンスは非常に悪い作品です。しかし、なかなか見られない作風であることも確かなように思います。また、私は非常に楽しめましたが、楽しめる人を選ぶ傾向も否めません。Webで掲載された関連作(本編)をみて、一迅社の方から書籍化を持ちかけたようですが、玄人の情報収集力と目利きと勇気に敬意を表します。