自宅通信網の運用日誌2012年09月


お知らせ

 リンク切れを発生しにくくするためと、多くの項目が一つのページに集中することにより検索結果が適切で無くなることを防止するために、「自宅通信網の運用日誌」の構造を月ごとに分離しています。

 お手数ですが最新月以外は当該年月のリンクを使って閲覧してください。


目次


9月

トップページへ戻る 目次へ戻る

2012/09/01 Sat

日誌の切り替え

 先月は、久しぶりに1万ページリクエストを越え10,363ページリクエストだった。

 先月も記事の更新はなかったが、「駄文にゅーす」8月28日に、「Noah945Aの排熱改善 ファンガード桟の一部切り取りは熱排気に効果があるのか?」を取り上げていただいたおかげで、ページリクエスト数が増えたようだ。

 ここしばらくの流れを引き継いで、「tom's hardware」の記事内のリンク経由で訪れる英米圏のリクエストも多かった。

 一番よく読まれた記事は「tom's hardware」の記事内のリンク経由で訪れる人が多い関係で、いつも通りの「WD Caviar Greenのディスク回転速度測定についてのまとめ」となった。

Google PRが2/10に逆戻り

 先月最初Google PRが3/10上がっていたが、2/10に落ちていた。上がったり下がったりが以前より激しい気がする。

はてブの登録数の増加

 先々月から先月中にはてなブックマークのエントリー数1つ戻って、66エントリーになった。

 利用しているHDDの概略4USER5USERと1USERの2つに別れて登録されている。


2012年10月へ

トップページへ戻る 目次へ戻る

2012年9月(長月)の気分転換におすすめの本

GA −芸術科アートデザインクラス− 第5巻

公式ページの紹介

 芳文社 まんがタイムきららWeb作品紹介ページに紹介されています。最新巻の試し読みができるようになっています。

『GA −芸術科アートデザインクラス− 第5巻』の公式紹介文

今巻もGAの5人が走り回り、描きまくります!? 夏祭りでの不思議体験、雨宿りでの出会いetc. そしてなんとナミコさんのお姉さん初登場!! 連載時のカラーページをそのまま収録したお馴染みの贅沢仕様!! どうぞお楽しみに!

当サイトの紹介文

 夏バテかどうも疲れているのか傾向がぶれて今回悩みました。かゆいくらい可愛らしい30M先著『SUN×GIRL』(一迅社2011年08月22日初巻発行)しようかなどと考えた末、駒井悠著『幸運猫 ──らっきー★きゃっと──』(講談社2012年08月07日初巻発行)で準備していたのですが、先月最終日の早朝、方針を変更しました。きゆづきさと著『GA −芸術科アートデザインクラス−』(芳文社2006年10月12日初巻発行)を紹介します。

 この作品、紆余曲折を経て今があります。最初は、平和出版「COMICぎゅっと!」に2004年秋から3話5話掲載後2004年12月で実質は廃刊(2005年頭で倒産)となり、その後現在の芳文社「まんがタイムきららキャラット」に移り今に至る、萌え4(萌え系4コマ)としては珍しい長期連載物です。

 「COMICぎゅっと!」の時代から現在に至るまで一貫して萌え4誌に掲載されていますが、それで収まっていないように感じます。今年2月脚注の『棺担ぎのクロ。〜懐中旅話〜 第1巻』の紹介でも書いたのですが、かわいい絵柄のこの方、ただ者ではありません。淡く誤魔化すことなく、はっきりした濃い色使、はっきりした絵柄、しっかりとしたお話作りで、真正から描かれる方です。

 特に、色相が大きく異なる色使いをさらっとまとめておられます。はっきりした色相差で高い彩度でありながらちゃんとまとまった配色は、同系色に逃げた自身の過去の設計が恥ずかしくなります。特にカラーユニバーサルデザイン(color universal design、CUD)に配慮したユーザインターフェイスや掲示物を設計すると、コントラストも色使いもはっきりした物でまとめることになるのですが、それにもかかわらず、同系色の方がまとまりやすいので、そちらに流されやすいのです。

 画面設計や色使いは、工業デザインの教科書などでとは思うのですが、ちゃんと思い出せるのはGAの中で様々なストーリーの中で出てきたエピソードと関連した内容のほうなのです。特に色覚の話は、登場人物の「あーさん」や「ずみん」のエピソードに関連付いて思い出します。

 ソフトウエアエンジニアの場合、突然な画面設計を担当してしまうようなことがあります。このシリーズで頭をならしてから専門書を読むと頭に入りやすいかも知れません。プロならきちっと専門書で勉強しろとのおしかりの声が聞こえてきそうですが、楽しくためになるこの本、少し変わった方面からもお勧めです。