利用しているHitachi Global Storage Technologies(HGST)のHDDの概略

作成(分割)
2009/02/24 Tue
更新
2009/11/05 Thu

利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

◎目次


このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る


HUA722020ALA330

HUA722020ALA330 全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Ultrastar A7K2000 (HUA722020ALA330)
サイズ
3.5inch
容量
2Tbyte
回転数
7,200rpm(実測値 7,206rpm)
プラッタ構成
400Gbyte/プラッタ 5枚構成
重さ
0.675kg(実測)
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300
入手日
2009/09/21 Mon

ベンチマーク

CrystalDiskMark

HGST Ultrastar A7K2000 (HUA722020ALA330)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 131.442 136.823 139.050 129.183
Sequential Write[MB/s] 134.390 130.745 137.374 136.179
Random Read 512KB[MB/s] 32.087 26.618 22.580 22.281
Random Write 512KB[MB/s] 55.924 46.752 52.109 52.084
Random Read 4KB[MB/s] 1.099 0.833 0.682 0.670
Random Write 4KB[MB/s] 1.516 1.419 1.447 1.441
Firmware : JKAOA20N
Date     : 2009/10/18
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: Hitachi HUA722020ALA330 Benchmark
Transfer Rate Minimum : 66.1 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 133.1 MB/sec
Transfer Rate Average : 107.3 MB/sec
Access Time           : 11.3 ms
Burst Rate            : 98.6 MB/sec
CPU Usage             : 12.2%

Firmware : JKAOA20N
Date     : 2009/10/18
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune HGST HUA722020ALA330 Benchmark

形状写真

HUA722020ALA330 上面 HUA722020ALA330 側面 HUA722020ALA330 下面 HUA722020ALA330 ラベル

その他コメント

 とても綺麗な仕上げのHDDの印象でした。ネジ構成や、空気抜き穴などは、ほとんど以前と変わりません。しかし、振動防止用のプレートが表面についており、これが今までと異なる印象を構成しているように思います。

 このHDDは、Ultrastar A7K2000のフラッグシップに当たります。同シリーズの他の容量は、500Gbyte/プラッタで構成されていますが、これは、400Gbyte/プラッタ5枚構成です。

 このように大容量機で記録密度を押さえてくるのは、多数を組んで使われる用途で外乱の影響が出にくいようにする工夫の一つに思います。他にも振動を検知するセンサの搭載など、他にもサーバ用途などで気になる事柄の対策が行われています。

 5プラッタ構成の割に0.675kgと軽いHDDです。この値は2TByteで4プラッタ構成のWD Caviar Green (WD20EADS-00R6B0)の0.734kgよりかなり軽い値となっています。また、同社の5プラッタ構成であるT7K1000(HDS721010KLA330)の0.690kgよりも軽くなっています。以前の5プラッタのシリーズより回転負荷が小さいようで、スピンドルモータも一回り小さい印象です。

 この記録密度付近のHDDでは、7,200rpmの回転速度を達成した物が少ないので、実際に7,200rpmを達成しているか、改良型のHDDの振動解析による回転速度の特定方法で、回転速度を推定してみました。

 まず、HDDに電源を入れていない時のバックグランド振動は以下の通りです。

HUA722020ALA330 バックグラウンド振動

 外乱として非常にやっかいな120Hzの振動(カーソル位置)が、巧く押さえられています。これであれば7,200rpmの振動を確認できます。

 HDDに電源を入れて動作させた時の振動を以下に示します。

HUA722020ALA330 振動

 120.1Hzに振動のピーク(カーソル位置)が見られます。これから回転速度を計算すると以下の通りです。なお、サンプル数を以前のHDDの振動解析による回転速度の特定方法の倍にしていますので、ピークの山が細く計測されています。

f[Hz]
振動周波数 120.1[Hz=1/秒]
N[rpm] = 60[rpm/rps]*120.1[Hz] = 7,206rpm
N[rpm]
回転速度 7,206[回転/分]

 約7,200rpmと計測されています。間違いなく7,200rpm級のHDDだと思います。

 他の回転速度の遅い2Tbyte級のHDDに比べると、性能が向上していますが、ランダムアクセス特性はあまり向上していません。標準状態のメーカ発表値のよりアクセスタイムが遅めに出ている気がします。出荷状態でQuiet Seek modeになっているのかも知れません。確認したいと思います。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

HTS722020K9SA00

全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Travelstar 7K200-200(HTS722020K9SA00)
サイズ
2.5inch
容量
200Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16MB
インターフェイス(実接続)
SATA150

ベンチマーク

HTS722020K9SA00 NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 66.31369.21366.61066.052
Sequential Write[MB/s] 63.07266.30363.16762.538
Random Read 512KB[MB/s] 43.00339.05035.35134.228
Random Write 512KB[MB/s] 40.85440.06936.28334.150
Random Read 4KB[MB/s] 0.7900.7190.6760.689
Random Write 4KB[MB/s] 1.4071.1661.0511.087
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2008/03/30
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HTS722020K9SA00 NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 66.30369.03166.60266.015
Sequential Write[MB/s] 69.41164.17263.16762.308
Random Read 512KB[MB/s] 41.47337.48034.16733.368
Random Write 512KB[MB/s] 38.15530.6751.2860.717
Random Read 4KB[MB/s] 0.8180.6930.6490.689
Random Write 4KB[MB/s] 1.1690.8320.7370.724
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HTS722020K9SA00 NTFS Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.1601.0400.8180.6930.6460.6650.6490.689
Random Write 4KB[MB/s] 2.3951.7611.1690.8320.7420.7380.7370.724
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2008/01/14 & 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HTS722020K9SA00 FAT32
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 67.55268.86166.55965.961
Sequential Write[MB/s] 65.97966.49263.87563.133
Random Read 512KB[MB/s] 43.18739.20935.51634.161
Random Write 512KB[MB/s] 38.11129.9971.3490.726
Random Read 4KB[MB/s] 0.8230.7190.6530.670
Random Write 4KB[MB/s] 1.1740.8340.7440.739
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : FAT32
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HTS722020K9SA00 FAT32 Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.2040.8230.7190.6530.670
Random Write 4KB[MB/s] 2.3521.1740.8340.7440.739
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2007/12/07 & 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo

形状写真

上面 側面 下面

その他コメント

 PCパーツとして初めて買った2.5inchです。当公開Webサーバを2.5inch化するために買って見ました。

 2.5Inch系では珍しい7,200rpm系のこのディスクはさすがに高性能です。この手の性能では見劣りのする3.5inch系のDeskstar E7K500(HDS725050KLA360)より高性能のように思います。

 写真を見てもらえば分かるとおり、小型で薄いだけでなく凹凸が無くフラットな作りになっています。重さは家庭用の秤で量ったところ0.113kg有りました。カタログ上は0.115kgになっており、3.5inch系とは違い実測とカタログ値の差があまりありません。

 後は寿命系の情報を集めて納得でいたら、当公開サーバのHDDの切り替えを実施しようと思います。HDDの稼働時の消費電力もアイドル時の消費電力も少なくなるので発熱が抑えられる事に期待します。また小型になることで隙間が空き排熱が良くなるだろうとも考えています。特にCPUクーラーが吸気している上部が空くので夏場がかなり楽になりそうです。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

HDS721010KLA330

全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Deskstar T7K1000(HDS721010KLA330)
サイズ
3.5inch
容量
1Tbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300
(注)メーカー供給のFeature Toolで300/150の切り替

ベンチマーク

CrystalDiskMark

HDS721010KLA330
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 86.317 86.388 86.975 86.947
Sequential Write[MB/s] 84.795 84.699 85.752 84.994
Random Read 512KB[MB/s] 67.942 53.764 44.511 43.923
Random Write 512KB[MB/s] 69.431 63.239 57.604 57.364
Random Read 4KB[MB/s] 1.168 0.892 0.736 0.715
Random Write 4KB[MB/s] 2.092 1.945 1.710 1.675
Firmware : GK8OA70M
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HDS721010KLA330 NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 86.30386.37486.99086.939
Sequential Write[MB/s] 85.59885.38985.73885.787
Random Read 512KB[MB/s] 65.00152.53044.94443.632
Random Write 512KB[MB/s] 70.77063.71759.68558.416
Random Read 4KB[MB/s] 1.2130.9040.8400.836
Random Write 4KB[MB/s] 2.2541.9491.8581.865
Firmware : GK8OA70M
Date     : 2008/03/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HDS721010KLA330 NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 86.31786.37486.94786.947
Sequential Write[MB/s] 85.36185.65485.27885.459
Random Read 512KB[MB/s] 68.13452.66744.58442.646
Random Write 512KB[MB/s] 62.74751.0673.4220.994
Random Read 4KB[MB/s] 1.1980.8800.8500.852
Random Write 4KB[MB/s] 1.9451.5491.3881.264
Firmware : GK8OA70F
Date     : 2008/01/26
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HDS721010KLA330 NTFS Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 35.5781.1980.8800.8500.852
Random Write 4KB[MB/s] 3.3021.9451.5491.3881.264
Firmware : GK8OA70F
Date     : 2007/12/08 & 2008/01/26
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HDS721010KLA330 FAT32
Test Size[ MB ]501005001000
Sequential Read[MB/s]86.203
Sequential Write[MB/s]87.250
Random Read 512KB[MB/s]70.490
Random Write 512KB[MB/s]61.691
Random Read 4KB[MB/s]34.361
Random Write 4KB[MB/s]3.228
Firmware : GK8OA70F
Date     : 2007/12/08
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : FAT32
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: Hitachi HDS721010KLA330 Benchmark

Transfer Rate Minimum : 41.5 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 82.9 MB/sec
Transfer Rate Average : 69.5 MB/sec
Access Time           : 12.8 ms
Burst Rate            : 135.5 MB/sec
CPU Usage             : 3.2%

Firmware : GK8OA70M
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune HDS721010KLA330 Benchmark

形状写真

上面 側面 下面

その他コメント

 シリーズ頭3文字にT7Kとついているのに、形状写真を比較してもらうと分かるようにT7K500シリーズ(HDT725032VLA360)ににておらずE7K500シリーズ(HDS725050KLA360)にそっくりです。

 1TBを早い時期に達成したシリーズですが、Seagate Barracuda 7200.11シリーズのように250GB/プラッタを達成して4プラッタで構成した物でなく、E7K500シリーズ(HDS725050KLA360)と同じように5プラッタで達成しています。4プラッタで750GBを達成しいるHDS721075KLA330は別項に記載されています。

 ずっしり重い感じがしたので、家庭用の秤で量ったところ0.690kg有りました。Seagte 7200.10シリーズなどに比べると0.1kg程度重いことになります。5プラッタを前提しにシリーズなのでモータや軸受けが大きく重くなっているように思います。

 プラッタあたり密度がHDS721075KLA330よりは高い効果がベンチマークに少しだけ現れていています。

 他のDeskstarシリーズと同様にヘッドアンロード時にランプロードにヘッドが待避するのでヘッドの接触についての問題が緩和されており、多彩な低消費電力モードを持っています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

HDS721075KLA330

全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Deskstar T7K1000(HDS721075KLA330)
サイズ
3.5inch
容量
750Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300
(注)メーカー供給のFeature Toolで300/150の切り替

ベンチマーク

CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

   Sequential Read :   86.203 MB/s
  Sequential Write :   85.472 MB/s
 Random Read 512KB :   68.123 MB/s
Random Write 512KB :   53.227 MB/s
   Random Read 4KB :   33.843 MB/s
  Random Write 4KB :    3.178 MB/s

Date     : 2007/09/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo


CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

   Sequential Read :   86.203 MB/s
  Sequential Write :   77.592 MB/s
 Random Read 512KB :   67.920 MB/s
Random Write 512KB :   48.171 MB/s
   Random Read 4KB :   34.458 MB/s
  Random Write 4KB :    3.412 MB/s

Date     : 2007/10/05
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : FAT32
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

 (注)ファームエアはGKAOA70Mで測定

形状写真

上面 側面 下面

その他コメント

 シリーズ頭3文字にT7Kとついているのに、形状写真を比較してもらうと分かるようにT7K500シリーズ(HDT725032VLA360)ににておらずE7K500シリーズ(HDS725050KLA360)にそっくりです。

 1TBを早い時期に達成したシリーズですが、Seagate Barracuda 7200.11シリーズのように250GB/プラッタを達成して4プラッタで構成した物でなく、E7K500シリーズ(HDS725050KLA360)と同じように5プラッタで達成しています。本機は、4プラッタで750GBを達成しており、少し余裕のある感じがします。

 Windows XPパソコンのシステムディスク用にランダムアクセス特性を重視して32MBのキャッシュを持った一番安い物を物色した結果これになりました。

 Deskstarシリーズはヘッドアンロード時にランプロードにヘッドが待避するのでヘッドの接触についての問題が緩和されており、多彩な低消費電力モードを持っています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

HDT725032VLA360

全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Deskstar T7K500(HDT725032VLA360)
サイズ
3.5inch
容量
320Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16,384 KB
インターフェイス(実接続)
SATA300
(注)メーカー供給のFeature Toolで300/150の切り替

ベンチマーク

CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

   Sequential Read :   74.029 MB/s
  Sequential Write :   71.117 MB/s
 Random Read 512KB :   49.357 MB/s
Random Write 512KB :   44.767 MB/s
   Random Read 4KB :    2.087 MB/s
  Random Write 4KB :    2.865 MB/s

Date     : 2007/09/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

形状写真

上面 下面

その他コメント

 デスクトップパソコン用の用途で王道を行くT7K500シリーズ。消費電力の少なくなる2ディスクで一番容量の大きい物。Deskstarシリーズはヘッドアンロード時にランプロードにヘッドが待避するのでヘッドの接触についての問題が緩和されており、多彩な低消費電力モードを持っています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

HDS725050KLA360

全景
メーカ・シリーズ・型式
HGST Deskstar E7K500(HDS725050KLA360)
HDDサイズ
3.5inch
容量
500Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16,384 KB
インターフェイス(実接続)
SATA300
(注)メーカー供給のFeature Toolで300/150の切り替

ベンチマーク

HDS725050KLA360 NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 64.32064.62764.80764.763
Sequential Write[MB/s] 63.88964.13364.34664.354
Random Read 512KB[MB/s] 46.56542.24738.07337.328
Random Write 512KB[MB/s] 56.04652.09949.79348.266
Random Read 4KB[MB/s] 0.9070.8280.7900.792
Random Write 4KB[MB/s] 2.3802.2282.1712.178
Firmware : K2AOAD1A
Date     : 2008/03/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
HDS725050KLA360 NTFS Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.1310.9070.8280.7900.792
Random Write 4KB[MB/s] 2.9512.3802.2282.1712.178
Firmware : DC4OC54P
Date     : 2007/09/30 & 2008/03/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo

形状写真

上面 下面 下面

その他コメント

 HGSTの高信頼用途向けHDD、高性能より高安定を重視しているようです。通常入手がしにくいと言われている様ですが、なぜか、2007/01頃には大阪梅田のヨドバシカメラにパーツとして普通に売っていました。持ち金がなかったので2つしか確保できませんでした。

 振動を検知する加速度センサを持っていて、ヘッドの制御の補正に利用しています。Deskstarシリーズはヘッドアンロード時にランプロードにヘッドが待避するのでヘッドの接触についての問題が緩和されており、多彩な低消費電力モードを持っています。

 当シリーズは、T7K500と性能を比較されて、辛辣な意見を受けていることがあります。元々、コスト配分を性能より信頼度を確保するように振っている様なので、性能のみで比較するのはあまり意味があるように思えません。

 通常のハードディスクの場合、記録密度を上げてヘッドの個数を減少させた方が価格性能比が向上しますし、故障率も減少します。この王道の路線を走っているのが、T7K500で仕様上でとても高い性能を示します。デスクトップパソコンの通常の用途ではこの路線のハードディスクが能力を発揮します。

 通常の観点で比べると、E7K500は、記録密度を下げつつ多くのプラッタを内包して容量を確保した関係で、転送は遅いは、動作中の保証衝撃は小さくなっているは、発熱は多いはとさんざんな評価になってしまいます。しかし、そのようなペナルティを負ってでも、プラッタを増やしたシリーズを作り続けているのには訳があると思います。

 E7K500は、機構的に7K400、7K500にの系列の様に思えます。このシリーズは、HDDレコーダや、複数のディスクを組んで使う用途で、同じレートで入出力し続ける事を重視して作られているようです。この用途では、通常の仕様であまり重視されない特性が必要になります。それは、温度変化や振動、周辺磁気で記録が揺らがないとか転送レートを変化させない特性です。

 同じ技術水準であれば、記録密度を下げると熱揺らぎによる記録保証、温度変化による位置づれやヘッド高さずれに対する耐性、振動によるトラックトラッキングの余裕について有利になります。これらの余裕は、通常の仕様に現れない、周辺磁気や温度変化、振動で転送レートを変化させない特性と、長期にわたる記録の安定性につながります。これが、プラッタを増やしてまで求めている特性なのだと思います。そして、プラッタを増やした状態で、MTBF1,000,000hを保証しています。

 E7K500の場合、この特性を利用して以下の用途を担うようようです。

 このような用途のディスクなので、これ以外で利用して性能が思わしくないというのは、あまり意味のない比較のように思います。私の場合、Disk-to-disk バックアップを中心に、多くのディスクが集まっている部分に利用しています。

 ところで、シリーズ名Deskstar E7K500とHDS725050KLA360間にはちょとした謎があります。Hitachi Global Storage TechnologiesのページにはHDS725050KLA360はDeskstar E7K500と明記されています。にもかかわらず、Googleなどで検索するとHDS725050KLA360は、あちらこちらの販売サイトで7K500として登録されています。価格コムでさえHDS725050KLA360のHGSTへのリンクは、Deskstar 7K500のページにリンクされています。Deskstar 7K500のページにはパラレルATAのHDS725050KLAT80だけでSATAに当該機種ありません。HDS725050KLA360は、7K500のSATAとして出荷された時期があるのでしょうか?

 間違って買ってしまったなどとつっこむ人はいないんでしょうか?謎です。


このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る