利用しているSeagateのHDDの概略

作成(分割)
2009/02/24 Tue
更新
2009/07/16 Thu

利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

◎目次


このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る


ST3500418AS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.12 (ST3500418AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
500Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

CrystalDiskMark

Seagate Barracuda 7200.12 (ST3500418AS)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 131.225 132.417 131.483 131.764
Sequential Write[MB/s] 124.337 129.354 129.199 130.016
Random Read 512KB[MB/s] 62.179 57.518 52.752 51.544
Random Write 512KB[MB/s] 86.303 72.818 68.134 66.366
Random Read 4KB[MB/s] 0.916 0.799 0.687 0.661
Random Write 4KB[MB/s] 2.189 2.032 1.792 1.677
Firmware : CC34
Date     : 2009/03/22
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: ST3500418AS Benchmark

Transfer Rate Minimum : 64.5 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 127.2 MB/sec
Transfer Rate Average : 102.8 MB/sec
Access Time           : 14.5 ms
Burst Rate            : 152.4 MB/sec
CPU Usage             : 4.4%

Firmware : CC34
Date     : 2009/03/22
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune ST3500418AS Benchmark

形状写真

上面 側面 下面 ラベル

その他

 500Gbyte/プラッタが主力となる、Barracuda 7200.12シリーズです。相変わらずシーケンシャルアクセスは速いのですが、アクセスタイムが2ms程度遅くなっており、キャッシュメモリも小さいので、システムディスクに使ったと時の体感は改善しないのでは無いかと感じました。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3500320NS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda NS2(ST3500320NS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
500Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

CrystalDiskMark

ST3500320NS CrystalDiskMark 2.2
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 118.445 115.500 116.573 116.470
Sequential Write[MB/s] 110.717 111.112 113.716 113.347
Random Read 512KB[MB/s] 63.384 53.166 47.725 45.760
Random Write 512KB[MB/s] 87.163 83.512 69.783 61.671
Random Read 4KB[MB/s] 1.265 0.863 0.670 0.643
Random Write 4KB[MB/s] 1.776 1.631 1.503 1.426
Firmware : SN05
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3500320NS CrystalDiskMark 2.1
Test Size[ MB ] 50MB100MB500MB1000MB
Sequential Read[MB/s] 114.456 116.121 116.573 116.483
Sequential Write[MB/s] 112.027 115.120 115.152 114.912
Random Read 512KB[MB/s] 62.894 52.984 46.936 45.378
Random Write 512KB[MB/s] 87.097 86.573 68.856 62.626
Random Read 4KB[MB/s] 1.304 0.886 0.812 0.804
Random Write 4KB[MB/s] 1.765 1.627 1.597 1.611
Firmware : SN05
Date     : 2008/07/08
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: ST3500320NS Benchmark

Transfer Rate Minimum :  51.9 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 111.4 MB/sec
Transfer Rate Average :  88.4 MB/sec
Access Time           :  12.5 ms
Burst Rate            :  78.7 MB/sec
CPU Usage             :   3.7%

Firmware : SN05
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune ST3500320NS Benchmark

形状写真

上面 側面 下面 ラベル

その他

 Barracuda 7200.11シリーズとほぼ同じ機構で、Gセンサとソフトウエアの制御だけが異なるという、Barracuda ES.2 シリーズの500GB機です。このグループは特性が似ていて相変わらず高性能です。

 Barracuda 7200.11シリーズと似てはいるのですが、HDtuneを見ると若干調整が違うことが感じられます。転送速度の変化がの仕方が違い、最初のセクタが若干高速で、密度の切り替えによる段がはっきり出ています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST31000340AS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.11(ST31000340AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
1Tbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

CrystalDiskMark

ST31000340AS CrystalDiskMark 2.2
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 108.393 111.280 112.823 112.605
Sequential Write[MB/s] 104.077 104.663 107.612 107.679
Random Read 512KB[MB/s] 53.010 47.188 42.508 41.603
Random Write 512KB[MB/s] 69.826 69.454 65.752 66.919
Random Read 4KB[MB/s] 1.314 0.856 0.657 0.642
Random Write 4KB[MB/s] 1.719 1.580 1.493 1.482
Firmware : SD15
Date     : 2009/03/09
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST31000340AS Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 110.448111.415112.811112.811
Sequential Write[MB/s] 107.844109.227110.644109.672
Random Read 512KB[MB/s] 57.74549.72045.13744.366
Random Write 512KB[MB/s] 83.53182.47270.20664.897
Random Read 4KB[MB/s] 1.3480.8780.8020.807
Random Write 4KB[MB/s] 1.7421.6371.6011.594
Firmware : SD15
Date     : 2008/04/06
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST31000340AS Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 108.635112.491112.617112.811
Sequential Write[MB/s] 105.474106.951109.489109.971
Random Read 512KB[MB/s] 53.44646.48142.49441.631
Random Write 512KB[MB/s] 69.10769.92867.09865.243
Random Read 4KB[MB/s] 1.3300.9200.8050.801
Random Write 4KB[MB/s] 1.7411.6471.5821.596
Firmware : SD15
Date     : 2008/04/06
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: ST31000340AS Benchmark

Transfer Rate Minimum :  49.6 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 108.4 MB/sec
Transfer Rate Average :  87.0 MB/sec
Access Time           :  12.6 ms
Burst Rate            :  61.6 MB/sec
CPU Usage             :   3.9%

Firmware : SD15
Date     : 2009/03/09
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune ST31000340AS Benchmark

形状写真

上面 側面 下面

その他

 Barracuda 7200.11シリーズで最大容量のHDDです。さすがに速いのですが、この速さの割に今一つアプリケーション系のベンチマークで速くない結果が雑誌などで掲載されています。相変わらずキャッシュの使い方の問題でしょうか。

 特異な結果として、Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)の時の速度低下が少なくなっています。

 以前、Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)とGeneration 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)の差を測った時には、Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)の時には90MB/sを超えた程度で打ちとの結論を得ていましたが、このディスクはそれを上回ってしまっています。(2008/04/06 Sun現在)この件、調べ直したいと思っています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST31000340NS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda NS2(ST31000340NS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
1Tbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

CrystalDiskMark

ST31000340NS CrystalDiskMark 2.2
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 112.267 113.412 112.003 112.412
Sequential Write[MB/s] 105.052 107.578 109.398 109.546
Random Read 512KB[MB/s] 57.101 51.125 44.526 43.603
Random Write 512KB[MB/s] 80.673 75.984 62.435 59.948
Random Read 4KB[MB/s] 1.279 0.812 0.624 0.610
Random Write 4KB[MB/s] 1.758 1.622 1.528 1.485
Firmware : SN04
Date     : 2008/12/20
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST31000340NS CrystalDiskMark 2.1
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 112.397111.415111.219111.800
Sequential Write[MB/s] 109.914109.000109.193110.551
Random Read 512KB[MB/s] 58.13148.91744.72343.923
Random Write 512KB[MB/s] 86.09081.54364.71763.550
Random Read 4KB[MB/s] 1.2320.8470.7930.760
Random Write 4KB[MB/s] 1.8741.7341.7211.717
Firmware : SN04
Date     : 2008/03/30
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST31000340NS CrystalDiskMark 2.0
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 112.415113.430111.812
Sequential Write[MB/s] 109.701109.471109.443109.455
Random Read 512KB[MB/s] 54.89049.28542.22742.577
Random Write 512KB[MB/s] 79.83268.96317.5801.217
Random Read 4KB[MB/s] 1.2890.8700.7520.739
Random Write 4KB[MB/s] 1.6731.4361.3401.346

 テストサイズ500MBのSequential Read[MB/s]データは記録ミスで失っています。

Firmware : SN04
Date     : 2008/01/26
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: ST31000340NS Benchmark

Transfer Rate Minimum :  50.9 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 109.0 MB/sec
Transfer Rate Average :  85.1 MB/sec
Access Time           :  13.2 ms
Burst Rate            :  76.8 MB/sec
CPU Usage             :   8.9%
HD Tune ST31000340NS Benchmark

形状写真

 未撮影

その他

 Barracuda 7200.11シリーズとほぼ同じ機構で、Gセンサとソフトウエアの制御だけが異なるという、Barracuda ES.2 シリーズの1TB機です。このグループは特性が似ていて相変わらず高性能です。

 しかし、悪いところも似ていて同じように低温で書き込み速度が低下するという癖があります。実測したところ以下のように低下しました。

18℃ Test Size : 50 MB
  Sequential Write :   14.032 MB/s

 磁気媒体は基本的に保持力が高まるので温度が下がると書き込みが難しくなっていくのではないかと思います。特に起動直後の暖まっていないときには書き込んだデータのベリファイをしているのではないでしょうか。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3500320AS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.11(ST3500320AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
500Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
32MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

CrystalDiskMark

ST3500320AS NTFS CrystalDiskMark 2.2
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 112.175 107.625 108.358 108.436
Sequential Write[MB/s] 105.230 103.461 106.584 106.067
Random Read 512KB[MB/s] 58.744 50.146 45.510 44.359
Random Write 512KB[MB/s] 86.618 79.250 66.690 61.690
Random Read 4KB[MB/s] 1.427 0.866 0.672 0.652
Random Write 4KB[MB/s] 1.685 1.575 1.476 1.422
Firmware : SD15
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3500320AS NTFS CrystalDiskMark 2.1
Test Size[ MB ] 50MB100MB500MB1000MB
Sequential Read[MB/s] 112.434 111.415 109.672 110.145
Sequential Write[MB/s] 105.523 108.164 107.535 107.612
Random Read 512KB[MB/s] 53.027 47.570 42.813 42.105
Random Write 512KB[MB/s] 72.091 71.424 68.154 63.774
Random Read 4KB[MB/s] 1.391 0.926 0.815 0.824
Random Write 4KB[MB/s] 1.737 1.643 1.587 1.559
Firmware : SD15
Date     : 2008/07/12
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3500320AS NTFS Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 8.4271.3910.9260.8150.824
Random Write 4KB[MB/s] 2.2451.7371.6431.5871.559
Firmware : SD15
Date     : 2007/12/22 & 2008/07/12
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3500320AS FAT32 CrystalDiskMark 1.0
Test Size[ MB ] 50MB100MB500MB1000MB
Sequential Read 109.543
Sequential Write 103.512
Random Read 512KB 59.212
Random Write 512KB 79.542
Random Read 4KB 8.524
Random Write 4KB 2.238
Firmware : SD15
Date     : 2007/12/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : FAT32
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

HD Tune

HD Tune: ST3500320AS Benchmark

Transfer Rate Minimum :  47.1 MB/sec
Transfer Rate Maximum : 106.7 MB/sec
Transfer Rate Average :  83.0 MB/sec
Access Time           :  12.3 ms
Burst Rate            :  81.9 MB/sec
CPU Usage             :   3.5%

Firmware : SD15
Date     : 2009/03/08
IF       : 玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
HD Tune ST3500320AS Benchmark

形状写真

上面 側面 下面

その他

 次に使いたいHDDとして本命視していたBarracuda 7200.11がやっと安定して出回りだしたようなのでPlat'Onlineで購入しました。

 梱包から出してみたところ軽いと感じたので、いつものように家庭用の秤で重さを量ってみたところ0.534kgでした。ただでも軽い傾向のあるBarracudaですが、7200.10に比べてさらに軽くなって言います。写真を見ていただくと分かるようにモータや受け軸が小さそうな外観になっていますが7200.10よりは若干大きくなっている感じですので別の所で軽くなっているのだと思います。また、このHDDもカタログ値0.64kgよりずいぶんと軽くなっていました。

 Barracuda 7200.11シリーズの500GBタイプであるST3500320ASはSeagateの垂直記憶方式の2世代目にあたり、250GB/プラッタの高密度ディスクです。ベンチマークを見てもらうと分かるとおり実に高速で軽く転送速度100MB/sを超えています。512KBのランダムアクセスでも少し前のHDDのシーケンシャルアクセス程の性能があります。このHDDとしての基礎体力と32MBのキャッシュメモリの割に4KB系のランダムアクセスの能力が低いのが目立ちます。例えばHDS721010KLA330と比べるとこれが際だちます。これは、他のメーカが速いのではなくSeagateが遅いと言うことではないのでしょうか?このあたりがRAIDを組むと速くなるには速くなるが、単体ディスクの高性能から期待するほどの性能が出にくいのと関係していそうにおもいます。RAIDなどを想定した7200.ES2も入手して比べてみたいとおもっています。

 このような特性のため、システムディスクはHGST系から変えないこととし、シーケンシャルアクセスの性能の高さが生きやすいデータディスクの方を入れれ変えることにしました。(この後、2008/03にシステムディスクもST31000340NSに入れ替えてました。)

追記(2008/07/12 Sat)

 データディスクで使っていた1台をHDD多台数で使われたときの振動に強いST3500320NSと入れ替えました。このため、空きが出たのでCrystalMarkを問題のないVer.2.1で測り直しました。また、HD Tuneによる測定を追加しました。

注意

 上記の私が所有している個体は、低温時(22℃以下)で書き込み速度が激減するという障害を抱えているようです。他の所でも噂を見聞きします。

追記:

 他のHDDを調べたところ、同じSeagateのBarracuda NS2 (ST31000340NS)でも同じ現象を確認しました。これにとどまらず、別会社のHGSTのDeskstar T7K1000(HDS721010KLA330)でも同様の現象を確認しました。(訂正:2008/07/31 Thu)別会社のHGSTのDeskstar T7K1000(HDS721010KLA330)でも同様の現象の発生を言及していましたが、こちらはIntel Matrix StorageのとHGSTのHDD間の問題を誤認したと考えています。Deskstar P7K500との組み合わせで発生する問題を解決したと言われるVer.8.2.0.1001に切り替えて以来発生した記録がありませんし、SiliconImage SiI3124に繋いでいたときも発生した記録がありません。外気温が高くなってからの問題の減少ですが、不安定な動作の記録から見てもDeskstar T7K1000(HDS721010KLA330)の低温障害の問題は動作不安定の誤認とさせていただきます。

 製造会社が違うHDDでも起こるとなると、個体特有の問題ではなく1TB級のHDDでは顕在化しやすい問題では無いかと思います。

 磁気媒体は基本的に保持力が高まるので温度が下がると書き込みが難しくなっていくのではないかと思います。特に起動直後の暖まっていないときには書き込んだデータのベリファイをしているのではないでしょうか。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3250410AS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.10(ST3250410AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
250Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

ST3250410AS NTFS Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 99.91299.944101.893102.031
Sequential Write[MB/s] 99.09498.73698.20097.824
Random Read 512KB[MB/s] 50.19647.47844.62043.187
Random Write 512KB[MB/s] 47.21043.67038.24436.869
Random Read 4KB[MB/s] 0.8720.8150.7640.764
Random Write 4KB[MB/s] 1.4761.0491.1441.144
Firmware : 3.AAA
Date     : 2008/03/30
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250410AS NTFS Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 99.91299.817101.823102.002
Sequential Write[MB/s] 101.18198.25897.87097.851
Random Read 512KB[MB/s] 50.28747.63942.11142.521
Random Write 512KB[MB/s] 44.49635.9346.8991.067
Random Read 4KB[MB/s] 0.8800.8190.7630.759
Random Write 4KB[MB/s] 1.4701.0070.9501.015
Firmware : 3.AAA
Date     : 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250410AS NTFS Generation 2 Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.0211.0490.8800.8190.7730.7700.7630.759
Random Write 4KB[MB/s] 2.0901.7591.4701.0070.9140.9340.9501.015
Firmware : 3.AAA
Date     : 2008/01/10 & 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250410AS NTFS Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 93.69992.58993.11693.132
Sequential Write[MB/s] 86.11885.12684.98885.084
Random Read 512KB[MB/s] 48.08446.26841.31041.790
Random Write 512KB[MB/s] 41.75633.9185.0010.974
Random Read 4KB[MB/s] 0.8860.8100.7520.763
Random Write 4KB[MB/s] 1.5121.0070.9060.919
Firmware : 3.AAA
Date     : 2008/01/12 Sat
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
ST3250410AS NTFS Generation 1 Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.1481.0650.8860.8100.7630.7610.7520.763
Random Write 4KB[MB/s] 2.0221.6731.5121.0070.8990.9220.9060.919
Firmware : 3.AAA
Date     : 2008/01/12 & 2008/01/22
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo

形状写真

上面 側面 下面 切り替えスイッチ

その他

 ヨドバシマルチメディア梅田の店員さんに「Brracude 7200.10と言うことにはなっていますが、プラッタ容量は250GBでBarracuda 7200.11と同じ密度になっています」と教えてもらって2007年9月後半に購入してみました。

 このディスクの開発のねらいは、Barracuda 7200.11で開発したディスクを使って、250GB HDDを1枚プラッタで構成し価格を大幅に下げる方向の様です。また、形状写真を見てもらっうと分かるように大変薄くもなっています。

 この副作用として、ベンチマークを見てもらうと分かるようにBrracude 7200.10としては非常に高速になっています。今回はこちらに注目して使うことにしました。第1号機は、測定後に同じ時期に壊れないように半年以上経過後に片方だけ入れ替える予定だったメインで使っているPCのシステムディスクのミラーディスクの片方に使いました。

 この測定でPCIで接続で遅いと酷評される事がある玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)が本来のPCI-Xで接続されればCPU負荷かけずに非常に高速であることもよく分かりました。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3320620AS

全景
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.10(ST3320620AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
320Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

ST3320620AS NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 80.85981.28582.33282.241
Sequential Write[MB/s] 81.95880.36380.51180.375
Random Read 512KB[MB/s] 46.24644.62039.73238.974
Random Write 512KB[MB/s] 41.67931.2022.9900.859
Random Read 4KB[MB/s] 0.8240.7620.7360.721
Random Write 4KB[MB/s] 1.3531.1161.0171.015
Firmware : 3.AAE
Date     : 2008/01/19
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3320620AS NTFS Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 2.2400.9020.8240.7620.7130.7150.7360.721
Random Write 4KB[MB/s] 2.0081.7671.3531.1160.9800.9651.0171.015
Firmware : 3.AAE
Date     : 2008/01/14 & 2008/01/19
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3320620AS FAT32
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 81.754
Sequential Write[MB/s] 81.209
Random Read 512KB[MB/s] 46.352
Random Write 512KB[MB/s] 37.736
Random Read 4KB[MB/s] 1.599
Random Write 4KB[MB/s] 1.991
Firmware : 3.AAE
Date   : 2007/09/25
IF     : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Format : FAT32
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

形状写真

 ST3250620ASとほぼ同じですのでそちらを参照してください。

その他コメント

 Seagateの中でデスクトップ用途などに王道路線を走るシリーズです。初めて垂直記録方式を採用した3.5インチHDDシリーズでもあります。今日現在(2007/07/29 Sun)、次のBarracuda 7200.11が出ており、最新の座は譲っていますが、現在の主力。プラッタあたり160GBで今となっては見かける密度ですが、2006年5月11日の発表時点では驚異的な密度でした。

 使ってみると、こぎみ良い動作で安定して速い印象があります。玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)の配下で単独動作させて、CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyoの結果 Sequential Read : 81.754 MB/s、Sequential Write :81.209 MB/s上記とおりで実効速度が際だっています。このシリーズは250GBの物も使っていますが、垂直記憶になって余裕が出たせいか安定してレスポンスが速くなった印象です。

 カタログ上、0.635kgと言うことになっていますが、家庭用の秤で量ると0.592kgでかなりの違いがあります。秤自身は0.100kgの校正用分銅をのせると、「100g」と表示されるので0.01kg単位の誤差はないと思います。改良で軽くなったのでしょうか。

 シーク音が気になるとの意見を見聞きしますが、利用している周辺騒音がおおきい環境のせいか全く気になっていません。また、発熱についても排熱性能の高い筐体の中にあるので特に問題になっていません。

 基本的に、低消費電力モードを活用したい時は、メーカ製のツールでの設定を前提にHGST Deskstar、通常のレスポンス重視の時にはSeagate Barracudaと言う使い分けで利用しています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3250620AS

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.10(ST3250620AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
250Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
16MB
インターフェイス(実接続)
SATA300接続

ベンチマーク

ST3250620AS NTFS Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 75.95980.27780.47480.803
Sequential Write[MB/s] 81.72880.84678.07778.722
Random Read 512KB[MB/s] 45.28042.77138.72438.086
Random Write 512KB[MB/s] 41.74131.8462.7910.892
Random Read 4KB[MB/s] 0.8050.7770.7050.734
Random Write 4KB[MB/s] 1.3721.1411.0131.015
Firmware : 3.AAC
Date     : 2008/01/20
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250620AS NTFS Generation 2 Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 1.6620.8990.8050.7770.7060.7170.7050.734
Random Write 4KB[MB/s] 1.9501.5711.3721.1411.0201.0211.0131.015
Firmware : 3.AAC
Date     : 2008/01/09 & 2008/01/20
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 2:3.0Gbit/sec(SATA300接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250620AS NTFS Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 75.97280.26580.44980.796
Sequential Write[MB/s] 82.35879.55877.50078.469
Random Read 512KB[MB/s] 45.02641.75538.40938.086
Random Write 512KB[MB/s] 39.42030.3401.5720.894
Random Read 4KB[MB/s] 0.8090.7440.7240.711
Random Write 4KB[MB/s] 1.4121.0721.0161.006
Firmware : 3.AAC
Date     : 2008/01/20
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250620AS NTFS Generation 1 Random 4K詳細
Test Size[ MB ] 12.525501001252505001000
Random Read 4KB[MB/s] 1.6620.8990.8090.7440.7060.7170.7240.711
Random Write 4KB[MB/s] 1.9501.5711.4121.0721.0201.0211.0161.006
Firmware : 3.AAC
Date     : 2008/01/09 & 2008/01/20
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
           CrystalDiskMark 2.0 (C) 2007-2008 hiyohiyo
ST3250620AS FAT32
Test Size[ MB ]501005001000
Sequential Read[MB/s]77.723
Sequential Write[MB/s]75.341
Random Read 512KB[MB/s]44.789
Random Write 512KB[MB/s]38.981
Random Read 4KB[MB/s]1.567
Random Write 4KB[MB/s]1.972
Firmware : 3.AAC
Date     : 2007/09/26
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : FAT32
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

形状写真

上面 側面 下面

その他コメント

 Seagateの中でデスクトップ用途などに王道路線を走るシリーズです。初めてSeagateが垂直記録方式を採用した3.5インチHDDシリーズでもあります。今日現在(2007/07/29 Sun)、次のBarracuda 7200.11が出ており、最新の座は譲っていますが、現在(2007/10/02 Tue)の主力になります。プラッタあたり166.7GBなっており同シリーズの320GB機(ST3320620AS)より高密度です。2006年5月11日の発表時点では驚異的な密度でした。

 使ってみると、ST3320620ASと同様にこぎみ良い動作で安定して速い印象があります。しかし、密度の低いST3320620ASよりベンチマークが悪くなっています。これはST3320620ASは4ヘッドで同一シリンダ内の容量が大きくなっているのに起因しているのだと思います。シリンダ容量が大きくなるのでシークが減る効果があり、プラッタあたりの密度差の6.7GB分の増速効果を超えているのだと思います。

 基本的に、低消費電力モードを活用したい時は、メーカ製のツールでの設定を前提にHGST Deskstar、通常のレスポンス重視の時にはSeagate Barracudaと言う使い分けで利用しています。

このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST3250823AS

メーカ・シリーズ・型式
Seagate Barracuda 7200.8 (ST3250823AS)
HDDサイズ
3.5inch
容量
250Gbyte
回転数
7,200rpm
Cache
8192KB
インターフェイス(実接続)
SATA150接続

ベンチマーク

ST3250823AS NTFS
Test Size[ MB ] 501005001000
Sequential Read[MB/s] 68.42368.42370.49770.370
Sequential Write[MB/s] 70.63870.63069.98970.008
Random Read 512KB[MB/s] 43.41639.58236.07535.852
Random Write 512KB[MB/s] 40.47929.5371.4540.713
Random Read 4KB[MB/s] 1.1810.9370.7110.700
Random Write 4KB[MB/s] 2.0531.5580.5350.603
Firmware : 
Date     : 2008/01/12
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
Format   : NTFS
BM時IF   : Generation 1:1.5Gbit/sec(SATA150接続)
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る

ST320410A

上面
メーカ・シリーズ・型式
Seagate U6 (ST320410A)
サイズ
3.5inch
容量
20Gbyte
回転数
5,400rpm
Cache
2MB
インターフェイス
Ultra ATA 100

ベンチマーク

CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

   Sequential Read :   25.094 MB/s
  Sequential Write :   29.131 MB/s
 Random Read 512KB :   19.621 MB/s
Random Write 512KB :   15.288 MB/s
   Random Read 4KB :    0.576 MB/s
  Random Write 4KB :    1.009 MB/s

Date     : 2007/10/05
IF       : 玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
           変換トレイ (IDE⇒SATA) RATOC System SA-35TRAIDE
Format   : NTFS
Benchmark: CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo

形状写真

上面 側面 下面

その他コメント

 2002年の頃の容量あたりの価格の安いドライブでした。

 性能が低いことは分かっていましたが回転数5,200rpmで発熱が少なく長寿命なことを期待して長時間運転するルータ、ファイヤーウォール、プロキシを担うパソコンに使う予定で選択しました。

 いくら高性能の物を選択しなかったとはいえ今となっては非常に遅く、2002年の頃から後のハードディスクの性能向上のすさまじさを思い知らされます。


このページの目次に戻る 利用しているHDD/SSDの概略 自作パソコン群と自宅通信網へ戻る サイトのトップページへ戻る