メインクライアント詳細

作成
2007/06/14 Thu
更新
2009/02/01 Sun

自作パソコン群と自宅通信網へ戻る
サイトのトップページへ戻る
ラックの中に入ったベージュの機械

◎目次


目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

名称

ettc-mai2

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

役割

メインクライアント、ファイルサーバ、バックアップ管理

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

OS

Windows XP Professional Service Pack 2

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

稼働開始日

2006/06/23 Sat2006/12/23 Sat

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

筐体 or M/B 名

Supermicro SS7045A-T(ベアボーン)/ Supermicro X7DAE(E-ATX)

8連HDDトレイが特徴
前面扉を開いた状態です。8連HDDトレイが目立ちますが、それより注目なのは扉に付いている黒いダストフィルタです。ホコリをよく取って、掃除しやすく痛みにくい。
初期状態では、8連HDDトレイは、マザーボード上のINTEL ESB2から6本のSATAを接続してあるだけで2つのトレイは空きになる構成です。本機の場合は、玄人志向 SATA2RAID-PCIXという玄人志向の中でもキワモノのSiI3124を搭載したPCI-Xボードを拡張して8トレイ全てを使っています。
4連装ファンが見えます
筐体を空けた状態で前面から後方に対して写真を撮っています。緑色のはホットスワッパブルな80X38の4連装ファンです。これがかなりの音を出します。奥に電源と92X38の排気ファンが見えます。
透明のエアシールドがよく目立つ
>直接のCPUはファンはなく、4連装ファンの内の3つが透明のエアシールドに導かれてパッシブなCPUヒートシンクに風を送ります。エアシールドに銀色のシートが張ってありますが、これは私が共振防止のために張った防振シートです。
エアシールドの後方にかけての様子
CPUクーラーを冷やした風は、エアシールド内に設置された白いシートによりFB-DIMMメモリの隙間に押し込まれ、熱くなるFB-DIMMを効率的に冷やした後、後方の92X38のファンで排気されます。サーバとして考えると静ですがワークステーションと考えるとうるさく感じます。その音量を代償として排熱は抜群に良く出来ています。今使っている、消費電力は377W、外気27度の状態でコア温度は30度くらいで、システム温度は40度程度です。

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

CPU

シリーズ名
Intel Xeon (Core系)
プロセッサナンバ
5148 (Woodcrest)
Core Clock
2.33GHz
FSB
1333MHz
2nd Cache
4Mbyte

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

Memory

総容量
8Gbyte
メモリ構成
2Gbyte DDR2 667 FB-DIMM(Transcend TS256MFB72V6K-T)
2Gbyte DDR2 667 FB-DIMM(Transcend TS256MFB72V6K-T)
2Gbyte DDR2 667 FB-DIMM(Transcend TS256MFB72V6K-T)
2Gbyte DDR2 667 FB-DIMM(Transcend TS256MFB72V6K-T)
コメント
Intel 5000X は 1:4 のインターリーブが出来るのに 2Gbyte FB-DIMM 2枚で初期に構成してしまったので同じものを 2枚足して4枚構成にしました。ところが Windows XP(32bit) は 4Gbyte 未満しか認識できません。最初から 1Gbyte x4 512Mbyte x8 にすべきでした。失敗。詳しくは、TipsSupermicro X7DAE メモリ設定を参照してください。

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

Chipset

Intel 5000X/ESB2

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

ストレージ

光学ドライブ

DVD±RW(PIONEER DVR-112D)

内蔵 HDDシステム

 通常運用に必要な物が集まっています。

ゲージシステム

バックプレーン
Supermicro CSE-SAS-743TQ
SAS/Serial ATA 兼用 IF:HDD 1:1 接続8スロット(ホットスワップ対応)
Serial ATA で運用。初期は、M/B 用上の Intel ESB からの 6ch のみの接続しています。本機では玄人志向 SATA2RAID-PCIX にて S-ATA を 4ch 拡張しており、そのうちバックプレーンへ 2ch 回して8スロット全て利用しています。バックプレーンとゲージはホットスワップ対応ですが、IF が正式対応していません。
HDDスロットサイズ
3.5inch

HDD群

  1. 仮想ドライブ名
    System
    含まれる論理ドライブ
    C Drive(System) 300GB NTFS
    組み合わせ形式
    RAID1
    構成物理ディスク
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)(2007/10/06 Sat交換)
    HGST Deskstar T7K1000(HDS721075KLA330)(2008/04/06 Sunに片方だけ交換)>
    Seagate Barracuda 7200.11(ST31000340AS)(2008/12/11 Thuに交換)
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)(2007/09/23 Sunに片方だけ交換)
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250410AS)(2007/12/09 Sunに片方だけ交換)
    HGST Deskstar T7K1000(HDS721010KLA330)(2008/03/30 Sunに片方だけ交換)
    Seagate Barracuda NS2(ST31000340NS)(2008/12/11 Thuに交換)
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)(2009/01/24 Satに交換)
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)(2009/01/24 Satに交換)
    WDC VelociRaptor (WD3000HLFS-01G6U0)
    WDC VelociRaptor (WD3000HLFS-01G6U0)
    接続IF
    M/B上 の Intel ESB2
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続
    速度
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)x2の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :   68.056 MB/s
    Sequential Write   :   64.797 MB/s
    Random Read 512KB  :   34.459 MB/s
    Random Write 512KB :   34.510 MB/s
    Random Read 4KB    :    1.622 MB/s
    Random Write 4KB   :    1.476 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2007/05/09
    HGST Deskstar T7K1000(HDS721075KLA330)+Seagate Barracude 7200.10(ST3250410AS)の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :   77.698 MB/s
    Sequential Write   :   77.961 MB/s
    Random Read 512KB  :   41.107 MB/s
    Random Write 512KB :   37.911 MB/s
    Random Read 4KB    :   10.806 MB/s
    Random Write 4KB   :    2.020 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2007/10/07
    HGST Deskstar T7K1000(HDS721075KLA330)+HGST Deskstar T7K1000(HDS721010KLA330)の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :   81.933 MB/s
    Sequential Write   :   77.608 MB/s
    Random Read 512KB  :   48.545 MB/s
    Random Write 512KB :   47.933 MB/s
    Random Read 4KB    :   27.493 MB/s
    Random Write 4KB   :    2.923 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2007/12/09
    HGST Deskstar T7K1000(HDS721010KLA330)+Seagate Barracuda NS2(ST31000340NS)の時
    CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
       Sequential Read :   81.096 MB/s
      Sequential Write :   78.416 MB/s
     Random Read 512KB :   53.358 MB/s
    Random Write 512KB :   59.472 MB/s
       Random Read 4KB :    1.110 MB/s
      Random Write 4KB :    1.587 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2008/03/30 
    Seagate Barracuda 7200.11(ST31000340AS)+Seagate Barracuda NS2(ST31000340NS)の時
    CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
       Sequential Read :  106.280 MB/s
      Sequential Write :   84.142 MB/s
     Random Read 512KB :   49.924 MB/s
    Random Write 512KB :   70.501 MB/s
       Random Read 4KB :    0.967 MB/s
      Random Write 4KB :    1.367 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2008/04/06
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)x2の時
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
       Sequential Read :   73.751 MB/s
      Sequential Write :   98.197 MB/s
     Random Read 512KB :   55.646 MB/s
    Random Write 512KB :  118.365 MB/s
       Random Read 4KB :    0.936 MB/s
      Random Write 4KB :    1.860 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2009/01/12
    WDC VelociRaptor (WD3000HLFS-01G6U0)x2の時
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Sequential Read    :   98.643 MB/s
    Sequential Write   :  118.007 MB/s
    Random Read 512KB  :   65.894 MB/s
    Random Write 512KB :   82.932 MB/s
    Random Read 4KB    :    0.934 MB/s
    Random Write 4KB   :    1.978 MB/s
             Test Size : 50 MB
                  Date : 2009/01/25
          
  2. 仮想ドライブ名
    Data
    含まれる論理ドライブ
    D Drive(Data) 220GB NTFS
    組み合わせ形式
    RAID1
    構成物理ディスク
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)(2007/12/24 Mon交換)
    Seagate Barracude 7200.11(ST3500320AS) (2009/01/25 Sun交換)
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)(2007/12/24 Mon交換)
    Seagate Barracude 7200.11(ST3500320AS) (2009/01/25 Sun交換)
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)
    接続IF
    M/B 上の Intel ESB2
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続
    速度
    Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)x2の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :   68.056 MB/s
    Sequential Write   :   64.797 MB/s
    Random Read 512KB  :   34.459 MB/s
    Random Write 512KB :   34.510 MB/s
    Random Read 4KB    :    1.622 MB/s
    Random Write 4KB   :    1.476 MB/s
                  Date : 2007/05/09
    Seagate Barracude 7200.11(ST3500320AS)+Seagate Barracude 7200.10(ST3250620AS)の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :   75.437 MB/s
    Sequential Write   :   76.291 MB/s
    Random Read 512KB  :   49.213 MB/s
    Random Write 512KB :   38.295 MB/s
    Random Read 4KB    :    2.395 MB/s
    Random Write 4KB   :    1.847 MB/s
                  Date : 2007/12/24
    Seagate Barracude 7200.11(ST3500320AS)x2の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :  102.217 MB/s
    Sequential Write   :   99.328 MB/s
    Random Read 512KB  :   65.182 MB/s
    Random Write 512KB :   66.321 MB/s
    Random Read 4KB    :    7.958 MB/s
    Random Write 4KB   :    2.125 MB/s
                  Date : 2007/12/24
    WDC WD Caviar Black (WD1001FALS-00J7B0)x2の時
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Sequential Read    :   68.849 MB/s
    Sequential Write   :   94.855 MB/s
    Random Read 512KB  :   57.223 MB/s
    Random Write 512KB :  118.365 MB/s
    Random Read 4KB    :    0.974 MB/s
    Random Write 4KB   :    1.882 MB/s
                  Date : 2009/01/25
          
  3. 仮想ドライブ名
    Temp
    含まれる論理ドライブ
    T Drive(System) 96.7GB NTFS(WDC Raptor X (WD1500AHFD)の」速いところのみを使用)
    組み合わせ形式
    RAID0
    構成物理ディスク
    Seagate Barracuda 7200.10(ST3250620AS)(2007/09/29 Satまで)
    Seagate Barracuda 7200.10(ST3250620AS)(2007/09/29 Satまで)
    WDC Raptor X (WD1500AHFD)(2007/09/29 Satから)
    WDC Raptor X (WD1500AHFD)(2007/09/29 Satから)
    接続IF
    M/B 上の Intel ESB2
    インターフェイス(実接続)
    SATA150 接続
    速度
    Seagate Barracuda 7200.10(ST3250620AS)x2の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :  153.525 MB/s
    Sequential Write   :  160.488 MB/s
    Random Read 512KB  :   53.809 MB/s
    Random Write 512KB :   82.335 MB/s
    Random Read 4KB    :    2.354 MB/s
    Random Write 4KB   :    3.704 MB/s
                  Date : 2007/05/09
    WDC Raptor X (WD1500AHFD)x2の時
    CrystalDiskMark 1.0 (C) 2007 hiyohiyo
    Sequential Read    :  178.300 MB/s
    Sequential Write   :  173.032 MB/s
    Random Read 512KB  :   82.484 MB/s
    Random Write 512KB :  194.341 MB/s
    Random Read 4KB    :   39.739 MB/s
    Random Write 4KB   :    4.050 MB/s
                  Date : 2007/10/08
          
  4. 仮想ドライブ名
    SWAP A
    含まれる論理ドライブ
    S Drive(SWAP1) 23GB FAT32
    V Drive(Backup1) 117GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    Seagate Barracuda 7200.10(ST3320620AS)(2007/10/06 Satまで)
    WDC Raptor (WD1500ADFD)(2007/10/06 Satから)
    接続IF
    玄人志向SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300接続
  5. 仮想ドライブ名
    SWAP B
    含まれる論理ドライブ
    U Drive(SWAP2) 23GB FAT32
    W Drive(Backup2) 117GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    Seagate Barracuda 7200.10(ST3320620AS)(2008/??/?? ???まで)
    WDC Raptor (WD1500ADFD)(2008/??/?? ???から)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続

HDD動作状況

 以下の動画は、HDD群の動作状況をデジタルカメラRICOH R8で撮影した物をMPEG2やMPEG4に変換した物です。

外付HDDシステム

 バックアップ用に構成されています。

ゲージシステム

バックプレーン
RATOC Systems SA-DK5ES-PE
eSATA IF:HDD 1:5接続(ポートマルチプライヤ)5スロット(ホットスワップ対応)
初期に HDD が使用中に第3スロットが認識しなり、サポートに FAX にて相談しました。玄人志向 SATA2RAID-PCIX と言う、玄人志向自身がキワモノとするインターフェースを外付で使っているにも関わらずにすぐに点検対応となりました。症状は再現し無償修理対応。丁寧な対応でした。
ゲージはホットスワップ対応ですが、IF が正式対応していない。この状態でも普段は電源を立ち上げの時から切っておいて、必要になってから電源を入れるとスキャンが始まりうまくマウントされます。この後はシステムが止まるまで電源を入れたままににしています。
HDDスロットサイズ
3.5inch

HDD群

  1. 仮想ドライブ名
    なし(Disk9)
    含まれる論理ドライブ
    L Drive(ExBACKUP) 456GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    HGST Deskstart E7K500(HDS725050KLA360)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続
    設定状況
    本機の場合バックアップ用途のため低消費電力を重視してメーカ供給の Feature Tool にて、LowRPM モードになるように設定しました。
  2. 仮想ドライブ名
    なし(Disk10)
    含まれる論理ドライブ
    N Drive(BkBACKUP) 456GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    HGST Deskstar E7K500(HDS725050KLA360)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続
    設定状況
    本機の場合バックアップ用途のため低消費電力を重視してメーカ供給の Feature Tool にて、LowRPM モードになるように設定しました。
  3. 仮想ドライブ名
    なし(Disk11)
    含まれる論理ドライブ
    割り当て無し(BkSystem) 233GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    Seagate Barracuda 7200.8 (ST3250823AS)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA150 接続
  4. 仮想ドライブ名
    なし(Disk12)
    含まれる論理ドライブ
    O Drive(ExFreeVender) 298GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    WDC Caviar SE16(WD3200KS)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続
  5. 仮想ドライブ名
    なし(Disk13)
    含まれる論理ドライブ
    O Drive(BkFreeVender) 298GB NTFS
    組み合わせ形式
    シングル
    構成物理ディスク
    WDC Caviar SE16(WD3200KS)
    接続IF
    玄人志向 SATA2RAID-PCIX (Silicon Image SiI3124)
    インターフェイス(実接続)
    SATA300 接続

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

入出力

ディスプレイ出力
NVIDIA Quadro NVS 440 (ELSA)
黒い放熱板が全体を覆う
1つ前はNVIDIA GeForce 7950 GT 512MB (MSI NX7950 GT) DVI
LAN
Gbit Ethernet(Intel PRO/1000 EB) x2
USB
USB2 Front x2 Rear x(4+4)
IEEE1394
Rear x2
キーボード/マウス
PS2 Rear x1 / Rear x1
その他コメント
同上

目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

電源


目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る

その他

 昔の SuperMicro の青い箱には「白頭鷲」が描かれていました。

SuperMicro P4DC6 の青い箱

 上記は 2002年初め頃に、旧メインクライアントPC用に購入した SuperMicro M/B の P4DC6 の箱です。

 この頃は箱には見かけなくなりましたが、付属の CD-ROM には、今でも「白頭鷲」が描かれています。

SuperMicroのCD-ROM
目次へ戻る  自作パソコン群と自宅通信網ヘもどる トップへ戻る